【医師監修】妊婦にカフェインはよくない?どんな影響がある? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

【医師監修】妊婦にカフェインはよくない?どんな影響がある?

妊娠中、気になるのがコーヒーや紅茶に含まれるカフェイン。妊婦はカフェインにどれくらい気をつければいいのでしょうか? 産婦人科医の吉村泰典先生にお伺いしました。コーヒー以外にも何気なく口にしがちなカフェインも紹介します。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

【医師監修】妊婦にカフェインはよくない?どんな影響がある?

妊娠中、気になるのがコーヒーや紅茶に含まれるカフェイン。妊婦はカフェインにどれくらい気をつければいいのでしょうか? 産婦人科医の吉村泰典先生にお伺いしました。コーヒー以外にも何気なく口にしがちなカフェインも紹介します。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

カフェインとは?

コーヒーや紅茶などに含まれる天然成分

カフェインは、コーヒー豆や茶葉、カカオ豆などに含まれる食品成分の一つです。

これらを原料とした、コーヒーやお茶などの飲み物に多く含まれています。

ほかにもカフェインは医薬品として処方されたり、食品添加物として利用されています。

カフェインには中枢神経を興奮させて、体を活発にする作用があります。そのため、コーヒーを飲むと、眠気が覚めたり、頭がスッキリします。

一方でとりすぎるとめまい、心拍数の増加、興奮や不安、震え、不眠症、下痢、吐き気などを引き起こすことがあります。

実はカフェインに対する感受性には個人差があることから、日本では1日の摂取許容量が設定されていません。

ただし、WHO(世界保健機構)などの機関や諸外国では、カフェインの1日の摂取目安量を示しているところもあります。

妊婦がカフェインをとったらダメ?

妊婦のカフェインは全くダメというわけではない

妊娠中、カフェインを含む飲み物を絶対に飲んではいけないということはありません。1日のカフェイン摂取量200mg程度なら、おなかの赤ちゃんへの影響は少ないとされています。妊婦はコーヒーで、1日2杯程度まで飲んでも大丈夫です。

01

© every, Inc.

02

© every, Inc.

カフェインをとりすぎるとおなかの赤ちゃんの発育に影響?

注意するべきなのは、カフェインを過剰にとりすぎてしまうことです。

妊娠中は通常よりカフェインが体内から排出されるのが遅くなります。

おなかの赤ちゃんへの影響はまだ明らかになっていない部分もありますが、妊婦がカフェインを過剰にとりすぎると、おなかの赤ちゃんの成長が遅れ低出生体重児となったり、早産などに関連する可能性があるとされています。

WHOでは、1日のカフェイン摂取量が300mgを超える妊婦に対し、流産や低出生体重児のリスクを低くするため、妊娠中はカフェインの摂取量を制限するように呼びかけています。

コーヒー以外にカフェインが含まれるものは?

03

© every, Inc.

カフェインが、コーヒーやお茶に含まれていることは知っているママは多いかもしれません。カフェインは同じお茶でも含まれている量が違ったり、清涼飲料水、炭酸飲料水などにも含まれています。

ママが知らず知らずのうちにカフェインをとりすぎることのないように、飲み物などに含まれている量を確認してみましょう。

※以下のカフェイン含有量は目安です。抽出条件によっても異なります。

商品のパッケージなども参考にしてください。

紅茶

紅茶(150ml中カフェイン約45mg)1日4杯程度

04

© every, Inc.

紅茶については以下の記事も参考にしてください。

妊娠する前から紅茶やコーヒーなどを楽しんできたママも多いかと思います。でも妊娠期にカフェインを多く含むドリンクを飲むことはよくないと聞きますよね。今回は、妊娠中にカフェインを含む紅茶を飲みたいときの注意点について説明します。

煎茶

煎茶(150ml中カフェイン約30mg)1日6杯程度

05

© every, Inc.

玉露

玉露(150ml中カフェイン約240mg)1日1杯弱程度

06

© every, Inc.

緑茶については以下の記事も参考にしてください。

妊娠中にカフェインを含むドリンクを飲むと、おなかの赤ちゃんに影響が出ると聞いたことはありませんか?緑茶も控えたほうがよいのか、心配なママもいるのではないでしょうか。今回は、妊娠期に緑茶を飲むときに気をつけたいことを説明します。

エナジードリンク

エナジードリンク(100ml中カフェイン約32~300 mg)

07

© every, Inc.

エナジードリンクはカフェインや糖分が多く注意が必要です。1缶で1日のカフェインの許容量を超えるものもあります。

どうしても飲みたいときには少なめにとどめ、含まれている成分がわかるものにしましょう。医師や薬剤師にも相談してみてください。

チョコレート

08

© every, Inc.

チョコレートに含まれるカフェインは、メーカーや種類によって異なる場合がありますが、コーヒーのように多くはありません。たくさん食べなければ超えることはないでしょう。

  • 一般的なミルクチョコレート:25g(5粒ほど)中カフェイン約7mg
  • 一般的な高カカオをうたったチョコレート:25g(5粒ほど)中カフェイン約21mg

ただし、コーヒーや紅茶、緑茶、ココアなどのカフェインを含む飲み物と一緒に食べる場合は、量に気をつけましょう。

カフェインはいつまで我慢すればいい?

授乳が終わるまではカフェインの量に注意しよう

普段コーヒーや紅茶が好きなママは、あとどれくらいカフェインを制限すればよいのか気になりますよね。

赤ちゃんに母乳を与えるママは、授乳中もカフェインを控えたほうが安心です。

授乳中のカフェインの摂取量は、1日300mgになると母乳の分泌量が減少したり、母乳を通してカフェインを摂取した赤ちゃんが興奮して眠れなくなることが報告されています。

これらのことから、カフェインが入った飲み物や食べ物をとるときは、1日で300mgを超えないように注意する必要があります。

授乳中のカフェイン摂取については、以下の記事も参考にしてください。

授乳中のママが、気分転換にコーヒーや紅茶をのみたいと思ったとき、気になるのはカフェインについてではないでしょうか?今回は、授乳中のカフェインの影響や摂取量について解説します。
授乳中はカフェインに注意が必要だと聞いて気になっている人もいるかもしれません。
緑茶にもカフェインは含まれますが授乳中のママが飲んでも問題はないのでしょうか?飲むのであればどのくらいの量を目安にすればよいのでしょうか?
今回はこれらの疑問についてお答えします。

赤ちゃんや子どものカフェイン摂取については、以下の記事も参考にしてください。

お出かけ先でサッと飲ませるのに便利なお茶。でもお茶にはカフェインが含まれているものもあるので、赤ちゃんにあげてもいいのか心配になりますよね。今回は、赤ちゃんへのカフェインの影響や赤ちゃんに最適なお茶の種類について説明します。
コーヒーや緑茶を飲んでいると、子どもが欲しがって困ったという経験はありませんか?カフェインが含まれる飲み物は、子どもへの影響が気になりますよね。子どものカフェイン摂取はいつからOKで、どのくらい飲ませてよいのかチェックしてみましょう。

妊婦におすすめのカフェインが入っていない飲み物は?

カフェインレスのコーヒーや紅茶

妊娠中どうしてもコーヒーや紅茶を飲みたいけれどカフェインが気になる場合、カフェインレスやデカフェと表示されたものを選ぶのもよいですね。

カフェインレスやデカフェとは本来はカフェインが入っているものから、カフェインを取り除くことをいいます。

たとえばカフェインレスと表示されたコーヒーは、カフェインを90%以上除去しています。カフェインが全く入っていないわけではありませんが、摂取を控えたいママにはおすすめです。

麦茶やたんぽぽコーヒー、黒豆茶など

09

© every, Inc.

麦茶やたんぽぽコーヒー、黒豆茶は、もともとカフェインが入っていない「ノンカフェイン」の飲み物です。

ハーブティーの種類に注意

10

© every, Inc.

コーヒーや紅茶の代わりにハーブティーを選ぶママもいるかもしれません。

ただし女性ホルモン様の作用や子宮収縮作用などのため、ローズマリー、カモミールなど、なかには妊婦には適さないハーブティーがあります。とりすぎなければ問題ありませんが、ハーブティーを選ぶときは妊娠中でもOKのものを選びましょう。

妊婦はコーヒーや紅茶は適量を守って楽しもう

妊娠中、カフェインは全くとっていけないわけではありません。

コーヒーなら1日2杯程度は影響はないとされているので、食後のリラックスタイムなど、適量を守って楽しめるとよいですね。

  • カフェインはコーヒーや紅茶などに含まれる天然成分
  • 妊婦のカフェインは全くダメというわけではない
  • 妊娠中は1日のカフェイン摂取量が200mgなら影響はないとされる
  • 妊娠中にカフェインをとりすぎると低出生体重児や早産となる可能性がある
  • 妊娠中のカフェインは適量を守って楽しもう

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当