ぬいぐるみを洗濯したい! 洗濯方法や上手な干し方とは | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
ぬいぐるみを洗濯したい! 洗濯方法や上手な干し方とは

ぬいぐるみを洗濯したい! 洗濯方法や上手な干し方とは

子どもが大好きなぬいぐるみ。いつも肌身離さず、寝るときも一緒。ヨダレや汗などの汚れやダニなども気になりますよね。そんなぬいぐるみのお手入れ方法として、洗濯機での洗濯や手洗いがあります。今回は洗い方のコツや注意点などについてご紹介します。
子どもが大好きなぬいぐるみ。いつも肌身離さず、寝るときも一緒。ヨダレや汗などの汚れやダニなども気になりますよね。そんなぬいぐるみのお手入れ方法として、洗濯機での洗濯や手洗いがあります。今回は洗い方のコツや注意点などについてご紹介します。

ぬいぐるみって洗えるの? 洗濯表示の見方

衛生面や汚れが気になっているものの、洗うのが面倒でついつい見て見ぬフリ......。そんなぬいぐるみの汚れは、見た目はもちろん、目に見えない皮脂汚れやダニなどのハウスダストもたくさんついています。

だからと言って、「よし洗おう!」といきなり洗ってしまい、ぬいぐるみの形が崩れてしまった......なんてことはなるべく避けたいですよね。せっかくのお気に入りのぬいぐるみを台無しにしてしまわないよう、まずは洗濯表示をチェックしましょう。

洗濯表示の確認方法

普段着ている洋服で必ず目にする“洗濯表示”のタグ。マークがどのような意味を表しているかご存知ですか? 大切な衣服はもちろん、ぬいぐるみを洗濯する時も、この表示をチェックして適した洗い方をすることで失敗を防ぎやすくなります。

今回は「洗濯機で洗える」「手洗いできる」マークがついている場合のぬいぐるみの洗い方をご説明します。


家庭洗濯表示

© 2015 every, Inc.

洗えない場合

次のような場合は今回ご紹介する方法での洗濯はできません。

  • 合成皮革、ウール使用のぬいぐるみ
  • 中綿がポリエステル以外(ビーズなど)
  • 電池式や、中にスピーカーなどの電子機器が入っているもの

洗濯機でお手軽派のママが知っておきたい洗い方のコツ

洗濯機でお手軽派のママが知っておきたい洗い方のコツ

小さな赤ちゃんがいてぬいぐるみが汚れやすい、頻繁に洗いたい、とにかく手軽に洗濯したい! というママに、洗濯機を使った洗い方をご紹介します。洗濯機で洗う際は注意事項も多いので、

洗う前にしっかりと確認しておきましょう。

洗濯機での洗濯の手順

  1. 洗濯表示を確認し、「洗濯おけ」「手洗い」マークがついていることを確認します。
  2. 洗う前に、ぬいぐるみについているリボンなど、取り外せる装飾をぬいぐるみから外します。
  3. ぬいぐるみの大きさにあった洗濯ネットに入れます。目が大きく生地が厚めのネットを選ぶと、デリケートなぬいぐるみのパーツを保護できます。
  4. 洗濯機の「手洗いコース」「ドライコース」「おしゃれ着コース」などの弱水流で優しく洗えるコースを選択します。
  5. 脱水は30秒程度の短時間で行います。ぬいぐるみをタオルなどで包むとダメージを防げます。

※干し方については最後にお伝えします

注意事項

洗濯機は、汚れをしっかり落とすため力強く動きます。そのため型崩れしたり、ぬいぐるみについている目やボタンが取れたりすることも。縫い方が浅いぬいぐるみは、洗濯している間に縫い糸が解け、綿が出てしまったりすることもあるので注意が必要です。

ドライコースや手洗いコースで洗濯することはもちろん、心配な場合は洗濯機を回している時もときどきチェックすることをおすすめします。

手洗いで大切に洗う派のママが知っておきたい洗い方のコツ

子どもが大切にしている人形を型崩れさせたくない、とにかく丁寧に洗濯したい! というママに、手洗いのコツを紹介します。何と言っても優しく洗えるのが手洗い。コツさえ覚えてしまえば、意外と簡単に洗えるのもポイントです。

手洗いでの洗濯方法

手洗いでの洗濯方法
  1. 洗濯おけや洗面ボウル、浴槽などに水を張りおしゃれ着用の洗濯洗剤(中性洗剤)を溶かし洗濯液を作ります。
  2. 洗濯液にぬいぐるみを入れ、毛並みを傷めないように優しく押し洗いします。汚れのひどい部分は洗剤の原液をつけ、ていねいに叩き洗いをします。
  3. まずは洗濯液を捨て、ぬいぐるみにしみ込んだ水を押し出します。完全に水が出たら、キレイな水に取り替え押し洗いですすぎを行います。泡が出なくなるまで2〜3回繰り返します。
  4. 脱水は30秒程度の短時間で行います。タオルに包んで水を吸い取ってもよいでしょう。

決め手は干し方! 上手に干すコツ

キレイに洗ったぬいぐるみも、適当に干してしまっては形が崩れて台無しになってしまいます。干し方のコツをチェックして、キレイでかわいいぬいぐるみに仕上げたいですよね。

ぬいぐるみは中綿が乾きにくく、しっかりと乾かさないとカビが生えてしまったりと不衛生になってしまいます。よく晴れた日に十分に乾かしましょう。

干し方

  1. 脱水したぬいぐるみの形を手で整える。毛並みを洋服ブラシなどで整えれば、ふわっとした仕上がりになります。
  2. 風通しの良い場所に陰干ししましょう。直射日光に当てると変色してしまう可能性もあります。
  3. 平干しするか、ぬいぐるみを洗濯ネットに入れてそのままピンチで吊るすと干しやすいですよ。

※こちらの動画も参考にしてみてくださいね。



前述の通り、ぬいぐるみの洗濯は中綿がヨレて変形したり、壊れてしまう可能性があります。どうしても完璧に洗濯したい、壊したくないという大切なぬいぐるみは、クリーニングに出してプロにお願いするのも良いでしょう。

今回ご紹介した方法を参考に、お気に入りのぬいぐるみをキレイに洗濯してみてくださいね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当