【小児科医監修】肌着・ベビーウエアの選び方 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
肌着

【小児科医監修】肌着・ベビーウエアの選び方

組み合わせの基本は「肌着+ベビーウエア」。成長を考えるとサイズはつい大きめを選びがちですが、身長と体重に合ったジャストサイズを。動きやすさ、保温性、吸水性はジャストサイズでこそ効果を発揮します。素材は吸湿性・吸汗性にすぐれた綿100%がおすすめ。
組み合わせの基本は「肌着+ベビーウエア」。成長を考えるとサイズはつい大きめを選びがちですが、身長と体重に合ったジャストサイズを。動きやすさ、保温性、吸水性はジャストサイズでこそ効果を発揮します。素材は吸湿性・吸汗性にすぐれた綿100%がおすすめ。

肌着・ウエアの種類

肌着

【短肌着】

オールシーズン使えて、丈が短いのでおむつ替えがスムーズ。3か月までの使用がおすすめ。動きが活発になってきたらコンビ肌着へ。

短肌着

中小路ムツヨ

【長肌着】

足元まですっぽり包む形なので、寒い時期のおでかけにあると便利。ずり上がりやすく、はだけやすいのが難点。マストアイテムではありません。

長肌着

中小路ムツヨ

【コンビ肌着】

股下をスナップボタンでとめるタイプ。はだけにくく、足の動きが活発になってくる3か月~1歳ごろまで長く使えます。

コンビ服

中小路ムツヨ

ベビーウエア

【ベビードレス(新生児ドレス)】

股下が開き、おむつ替えがラクなウエア。足の動きが活発になるとはだけやすいので、生後1か月くらいまでしか使用しません。

ベビードレス

中小路ムツヨ

【ツーウェイオール】

スナップボタンのとめ方次第で2通りの使い方が可能。おむつ替えが頻繁な新生児期はスカート型で、足を動かすようになったらズボン型で。

ツーウェイオール

中小路ムツヨ

【カバーオール(ロンパース)】

全身を包むつなぎ服のようなウエア。保温性が高いのがメリット。動き回ってもおなかが出ないので、パジャマとして着てもいいでしょう。

ロンパース

中小路ムツヨ

月齢と季節に合わせた組み合わせ方

0~5か月

新生児期は体温調節がうまくできないので、「大人より1枚多め」で、生後1か月以降は「大人と同じ」が目安。動きが活発になる3か月以降は、はだけにくいコンビ肌着や、カバーオールがおすすめです。

【春夏】

肌着+薄手カバーオールor薄手ツーウェイオール

外出時 ●帽子 ●靴下 ●薄い上着

【秋冬】

肌着+厚手カバーオールor厚手ツーウェイオール

外出時 ●アウター ●帽子 ●靴下

6~11か月

はいはいやつかまり立ちなど、動きが活発になってきたら、動きを妨げない上下に分かれたセパレートタイプにしましょう。1歳を過ぎたら、肌着もかぶり型のものにすると、より動きをじゃましません。

【春夏】

肌着+Tシャツorシャツ+ズボンorスカート

外出時 ●帽子 ●靴下 ●薄い上着

【秋冬】

外出時 ●アウター ●帽子 ●靴下

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事