【小児科医監修】赤ちゃんと子どもの症状別ホームケア けいれんを起こした | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃん手

【小児科医監修】赤ちゃんと子どもの症状別ホームケア けいれんを起こした

子どもの場合、心配のないけいれんがほとんどですが、受診して原因を調べましょう。
子どもの場合、心配のないけいれんがほとんどですが、受診して原因を調べましょう。

発熱のときにけいれんを起こすことが多い子ども

突然、体が硬直して意識がなくなり、白目をむいてガタガタと震えたりすることを「けいれん」とか「ひきつけ」といいます。何らかの原因で脳の神経細胞が刺激され、意思と関係なく、筋肉が動いてしまう状態です。
子どものけいれんの多くは発熱に伴う熱性けいれん。かぜなどで発熱したとき、主に熱の上がり際にけいれんを起こすことが多いものです。数分で治まり、後遺症はありません。ですが、初めてけいれんを起こしたときは、けいれんの原因を調べ、ほかの病気ではないか確認するためにも受診しましょう。生後6か月ごろから5歳ごろまでに多く見られます。

けいれんが5分以上続いたら注意が必要

熱に伴うけいれんでも気をつけたいのは、5分以上続くとき、嘔吐を伴うとき、片手片足だけにけいれんが見られるとき、けいれんが治まっても意識がなかなか戻らないとき、体の一部にまひが残るとき、繰り返しけいれんを起こすときなどです。こういった場合は、単純な熱性けいれんではなく、髄膜炎(ずいまくえん)や急性脳炎が疑われます。気になるようすがあるときは至急受診してください。

熱がないのにけいれんを起こしたときは、即受診を

熱がないのに意識がなくなり、けいれんを起こしたときは、てんかんや、頭を打った後遺症によって頭蓋内で出血している場合などが考えられます。ただちに受診が必要です。

そのほか、激しく泣いたときや、かんしゃくを起こしたときに意識がなくなり、顔色が青くなってひきつけることを「憤怒(ふんぬ)けいれん」とか「泣き入りひきつけ」などと呼びます。ひどく泣いたために一瞬呼吸ができなくなることが原因ですが、1分ほどで治まり、後遺症も残らないので、心配はありません。

また、テレビを長時間見ていたり、テレビゲームを続けているうちに、てんかんのような発作を起こすこともあります。色や光が強く脳を刺激したことから起こるけいれんです。

受診の目安をチェック

家でようすを見る

 □ひどく泣いたときに、けいれんを起こした。

診察時間内に病院へ

 □ 5~6分以内にけいれんが治まり、元気。

 □ 熱性けいれんと診断されたことがある。

診察時間外でも病院へ

□ 初めてのけいれん。

□ 何度も繰り返してけいれんを起こす。

救急車で大至急病院へ

 □ けいれんが5分以上続いて止まらない。

 □ 平熱なのにけいれんを起こした。

 □ けいれんに、体の左右で差がある。

 □ けいれんが治まった後、意識が戻らない、

 □ ボーッとしている、手足がまひしている。

 □ 頭を強く打った後にけいれんを起こした。

 □ 嘔吐を伴っている。

 □ 熱が出て48時間以降にけいれんを起こした。

【受診のポイント】

けいれんの続いた時間や子どものようすをよく観察して、受診時に伝えましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当