【小児科医監修】子どもに処方される薬・粉薬 使い方ガイド | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
口の中を診察

【小児科医監修】子どもに処方される薬・粉薬 使い方ガイド

子どもがいやがらない薬の飲ませ方や、使い方のコツを知っておきましょう。
子どもがいやがらない薬の飲ませ方や、使い方のコツを知っておきましょう。

※この記事はあくまで目安なので、かかりつけの医師の指導に従ってください。

顆粒剤やドライシロップなどタイプはさまざま

粉薬は年齢や体重などにより薬の量を微妙に調節できるため、赤ちゃんや子どもによく処方されます。数種類の薬を混ぜたものが処方されることもあります。粒が粗く水に溶けにくい顆粒のほか、細粒やシロップをフリーズドライしたドライシロップなど、粉薬にもさまざまなタイプがあります。顆粒や細粒は子どもにはそのままでは飲みにくいため、水で練ったり溶いたりして使います。混ぜるのは、飲ませる直前に行います。

1.ママの手を清潔にする

薬を練ったり赤ちゃんの口の中に直接入れたりするので、手はよく洗って。つめも短く。

2.器に移す

小皿に1回分の粉薬を入れます。少し深さのある器のほうが練りやすい。

3.少しずつ水を加える

水は少しずつ加えます。加える量が多すぎると1回で飲みきれなかったり、練りにくくなったりします。

4.指で練る

清潔にした指で薬がペースト状になるまでよく練ります。練るときは手ぎわよく。

5.赤ちゃんの飲みやすい方法で

スプーンで口に入れる

赤ちゃんがいやでない味なら、スプーンにとって口に入れて飲ませても。

ほおの内側につける

指先に練った粉薬をのせ、ほおの内側か上あごにぬります。

6.水などを飲ませる

薬が口の中に残らないように、飲み終わりに湯冷ましや麦茶などを飲めるだけ与えます

保管方法・密閉容器や空き缶に入れる

密閉できる容器や空き缶に乾燥剤といっしょに入れ、温度変化や湿気が少なく、直射日光の当たらない場所で保管します。

いやがるときのヒント

食べものに混ぜる

薬を好きな食べものに混ぜると、スムーズに飲ませられることも。ただし、混ぜてはいけない食品に注意!

混ぜていいもの

ヨーグルト、プリン、りんごジュース、1歳以上ならアイスクリーム、乳酸菌飲料など、甘くて味をごまかしやすいものがおすすめ。専用のゼリーで包んでも○。ただし、薬によっては混ぜると苦くなるものもあるので、医師や薬剤師に確認を。

混ぜてはいけないもの

ミルク、おかゆなどの主食や、重要な栄養源である離乳食に混ぜてはダメ。もしも今後、いやがって口にしなくなったら大変です。また、熱いみそ汁や牛乳、グレープフルーツジュースなど、熱や成分が薬を変質させてしまうものに混ぜるのもNGです。

混ぜ方が足りないとざらついてしまうので、よく混ぜます。

薬を飲みきるように、一度で食べきれる分量に混ぜます。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当