【小児科医監修】子どもに処方される薬・シロップ 使い方ガイド | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
シロップの薬

【小児科医監修】子どもに処方される薬・シロップ 使い方ガイド

味を甘くしたり、飲みやすくしたもの

シロップは粉を水で溶くドライシロップや、最初から液体状のものがあります。複数の薬を混ぜ、処方されることも。味は薬によってさまざまですが、甘い味や香料をつけたものもあって飲みやすく、赤ちゃんや子どもによく使われます。薬の吸収が速いというメリットもあります。シロップを飲ませるときは目分量ではなく、正確に量って飲ませることが大切。ジュースと間違えて勝手に子どもが飲んでしまわないよう保管には注意して。

1.よく振って中身を混ぜる

薬の成分が下のほうに沈殿していることがあるので、軽く振って中身を均一に。振りすぎると泡立って正確な量が量れなくなるので注意します。

2.1回分を正確に量る

指定された量を確認して、1回分の量を正しく量ります。目盛を読むときは真横から。スプーンやストローなどをボトルに直接入れるのはNGです。

3.赤ちゃんの飲みやすい方法で

スプーンで飲ませる

なるべく口の奥のほうに入れるとゴクンと飲み込んでくれます。

ストローで飲ませる

ストローで吸える子ならそのまま、吸うのができなければストローにとって1滴ずつ。

哺乳びんの乳首で飲ませる

哺乳びんの乳首に薬を入れます。月齢の低い赤ちゃんに、おすすめ。

先に乳首を含ませておき、赤ちゃんが吸い始めたら薬を入れるとスムーズ。

小さな器で飲ませる

コップで飲める赤ちゃんなら、小さめのカップでクイッと。飲みこぼさないように注意。

スポイトで飲ませる

スポイトの先を赤ちゃんの口に。タイミングを見て薬をピュッと押し出します。

コレはNG

  • 鼻をつまんだりして、無理やり口を開けさせるのはダメ。
    むせて気管に薬が入ったりしたら危険です。
  • 薬の容器のふたで直接飲ませないように。だ液がついて雑菌が残りの薬に混入すると、変質してしまいます。
  • 余った薬を容器に戻すのは絶対にいけません。飲みきれなかったり、多く出しすぎたりしたときは捨てて。

保管方法・必ず冷蔵庫に入れる

糖質が入っているため、菌が混入し繁殖しやすい状態です。冷蔵庫に保管し、保存期間は1週間が目安。使用期限を過ぎて残っていたら処分します。

(上記はあくまで目安なので、かかりつけの医師の指導に従ってください)

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当