【小児科医監修】生後11か月の赤ちゃんの気がかりQ&A | MAMADAYS(ママデイズ)
バイバイする赤ちゃん

【小児科医監修】生後11か月の赤ちゃんの気がかりQ&A

おちんちんを触るけど大丈夫?
  • 自分の体を確認しています
    赤ちゃんは自分の体に興味津々。鼻の穴や耳に指を入れたり、出っぱりであるおちんちんに触ったり。自分の体を確認・認識するための、発達に必要な一過程です。もしかゆそうにしていれば、お風呂で洗ってあげましょう。
    おむつ替えのときにおちんちんを触っていたら、手をきれいにふいてあげましょう。
鼻水が出ていますが耳鼻科?小児科?
  • どちらでも大丈夫です
    どちらでもかまいません。通いやすいほうで大丈夫です。どちらでも鼻水を吸ってくれます。ただし、鼻水がひどく、耳を痛がっているなら、中耳炎の疑いがあるので耳鼻科へ行くと安心です。
一人で夢中で遊んでいるときはそっとしておくべき?
  • そっと見守ってOK
    一人遊びは赤ちゃんの集中力を高めるので、そっと見守ってください。頭の中でいろいろなことを考え試行錯誤したり、想像したりして、夢中で遊んでいるのです。
    ママやパパに何か訴えきたら、そばに行って「すごいね」「上手だね」などの声かけをしてあげましょう。
そろそろ卒乳するべき?
  • 焦らなくて大丈夫
    おっぱいをいつやめるか、そろそろ気になる人もいるでしょう。何歳までにやめなくてはいけないという明確な期限はありませんし、おっぱいがむし歯の原因になるのでは?と心配する人もいますが、そんなことはありません。授乳回数が少なくなっていたり、離乳食を1日3回しっかりと食べていたり、生活リズムが整っているならば、卒乳を考えてもいいでしょう。卒乳は、計画的に行うようにしましょう。
バイバイなど大人のまねをしません
  • コミュニケーションができていれば心配ありません
    バイバイなどまねをする子もいますが、あまりやらない子もいます。大人のやることを見ていたり、問いかけに笑ったり、指をさしたりコミュニケーションがとれていれば大丈夫です。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次

  • 出典

    最新版 らくらく あんしん 育児
    土屋恵司監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp

関連する記事

関連する記事