【小児科医監修】赤ちゃんと子どもの症状別ホームケア 目のトラブルのホームケア | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
目のトラブルのホームケア

【小児科医監修】赤ちゃんと子どもの症状別ホームケア 目のトラブルのホームケア

目のトラブルのホームケア ポイント3

  1. 目やにが出たらこまめにふき取る
  2. 冷やしたタオルでかゆみを抑える
  3. 赤ちゃんの手を洗い、つめを切っておく

少しの目やになら生理的なもので心配いりません

少しの目やになら生理的なものなので、ホームケアでようすを見ます。目やには、ぬらして絞ったガーゼでそっとふき取ります。一方、目やにがひどくなってきた場合や、目が真っ赤になってまぶたがはれた場合、黄色い目やにに発熱や発疹などを伴う場合は、目やにをふき取り、冷やしてかゆみを抑えながら病院へ。こすると炎症が悪化するので、赤ちゃんが目をこすらないように注意してください。

目やにをこまめにふき取る

目やにをそのままにしておくと、かたまって目が開きにくくなってしまうので、ぬるま湯でぬらして絞ったガーゼでこまめにふき取ります。ふき取るときの方向は、“目がしらから目じりに向けて”です。

ガーゼの使い方

目やにをふき取るなど、体の小さな部分をていねいに細かくケアするときは、ガーゼの使い方がポイントです。

指に巻く

ガーゼ

薄く広げたガーゼを人さし指に巻きつけて使います。

三角形になるようにたたむ

ガーゼたたむ

とがった先端が細かい部分にフィット。

かゆがるときは絞ったタオルで冷やす

かゆみがあるときは、冷やすと一時的に症状が治まります。かゆがるときは、ぬらしてかたく絞ったタオルやガーゼをまぶたの上からそっと当て、落ち着かせてあげましょう。

赤ちゃんの手を清潔に

汚れた手で目をこすると、細菌に感染したり、症状をさらに悪化させてしまうことがあるので、こまめに流水で手を洗う習慣を。まだ手を洗うのが難しい月齢なら、ぬれタオルでふいて清潔に。

目をこすって傷つけないよう、つめは短く

子どもはかゆいのをがまんできません。つめが伸びていると、目をこすったときに眼球を傷つけてしまうおそれがあるので、つめはいつも短く。月齢の低い赤ちゃんの場合、ミトンをはめておいてもよいでしょう。

目薬は医師の指示どおりに使う

目薬は医師に指示された回数・期間を守って使いましょう。赤ちゃんを寝かせ、目の2~3㎝上からたらします。下まぶたを軽く引っ張るようにするとスムーズ。どうしてもいやがるときは、睡眠中にサッとさしてしまうとラクです。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当