【小児科医監修】赤ちゃんの歯についての気になる Q&A | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃんの歯

【小児科医監修】赤ちゃんの歯についての気になる Q&A

歯みがき剤を使うのはいつから?

  • 3歳から使えます。

    誤って飲み込んでしまううちは使えません。口をゆすぐことができるようになる3歳を目安に歯ブラシの上に3㎜くらい出して使いましょう。フッ素入りのものがおすすめです。
    フッ素は薄くて弱い歯のエナメル質を強くしてくれる効果があります。

寝る前の母乳はむし歯になりますか?

  • 心配ありません。

    日中のケアがしっかりしていれば大丈夫。離乳食が始まっている今の時期は、歯みがきをしてケアをしまし ょう。夜間の授乳が続いているときも、寝る前の歯みがきをしっかりしていれば大丈夫です。

むし歯菌は、大人から感染しますか?

  • 大人の唾液からうつります。

    赤ちゃんには、もともとむし歯菌は存在しません。大人の唾液から感染します。口うつしや、スプーンの共用、ペットボトルやストローの回し飲み・使い回しはやめましょう。
    もっとも身近な大人であるママとパパが、赤ちゃんにうつすことがないように、むし歯の予防と治療を心がけましょう。

歯並びをよくするためには?

  • よくかむことが大切です。

    かむことが歯並びをよくします。あごの骨を丈夫にしましょう。根菜などを取り入れて、よくかむように促しまし ょう。ただし、離乳食の段階に合ったかたさは守ります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当