【小児科医監修】離乳食(5~6か月ごろ)のQ&A | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
5か月の離乳食

【小児科医監修】離乳食(5~6か月ごろ)のQ&A

野菜をベーッと口から出してしまいます

  • よくすりつぶし、とろとろにします。

    野菜を苦いと感じているのかもしれません。また、野菜のような繊維が多いものはよくすりつぶして、できるだけとろとろにしましょう。丁寧に裏ごしされたほうれん草などもベビーフードとして市販されているので、試してみましょう。
    おかゆのうわずみなどでとろみをつけて、苦さをやわらげてみましょう。

離乳食をあげようとすると、ぐずりだします

  • 先に母乳やミルクを少しあげます。

    赤ちゃんのおなかがすきすぎているのかもしれません。空腹すぎてぐずっているときには、先に母乳やミルクを少しあげて、落ち着かせてから、食事をあげまし ょう。離乳食をあげるタイミングは、慣れるまで慎重に探ってみて。

離乳食を始めてから、うんちのにおいが変わりました。大丈夫ですか?

  • 機嫌がよければ心配ありません。

    腸内細菌のバランスが変わるため、色やにおい、かたさなどが変化します。食べた食品の色がそのまま出てくることもあります。下痢や便秘になることもありますが、機嫌がよくて、食欲もあるなら問題ありません。

離乳食を「もっと」とねだられます

  • 規定の量は守りましょう。

    始めたばかりだと、うまく消化できない食材もあります。吐いたり、下痢をしてしまうことも。はじめのころは規定の量を守りましょう。
    とくにたんぱく質は量に注意。食べすぎると赤ちゃんの内臓に負担になってしまいます。分量は気をつけましょう。

手作りの離乳食よりベビーフードをよく食べるのですが?

  • 好みの参考にしましょう。

    ベビーフードのなめらかさが、赤ちゃんの好みなのかもしれません。ママも食べてみて、これからの離乳食作りの参考にしてみましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事