【小児科医監修】子どもに処方される薬・点眼薬、点耳薬 使い方ガイド | MAMADAYS(ママデイズ)
点眼薬

【小児科医監修】子どもに処方される薬・点眼薬、点耳薬 使い方ガイド

※この記事はあくまで目安なので、かかりつけの医師の指導に従ってください。

目や耳にじかに薬をたらして使用

点眼薬は目の炎症を抑え、目やにや充血、目のかゆみなどを取るもので、抗生物質や抗アレルギー薬などがあります。抗菌薬の点耳薬は、炎症を鎮しずめたり、殺菌したり外耳や中耳に直接作用します。

点耳薬

1:頭を横に向ける

寝たままの姿勢か、頭をママのひざにのせて、薬をさすほうの耳を上に向けます。
薬液が冷たいとめまいを起こすことがあるので、手に包んで少し温めてからさしましょう。

2:耳に1~2滴たらす

耳たぶを後ろにそっと引っ張りながら、耳の中の壁に沿って1〜2滴たらします。

3:4~5分間そのままで待つ

頭を軽く押さえて、そのままの姿勢を保って4〜5分間じっと待ちます。

点眼薬

1:目がしらに1滴ずつたらす

あおむけにして、頭を押さえ、目の上2〜3cmの高さから薬を1滴落とします。

うまくまぶたを開けられないときは、下まぶただけを下げてたらしても○。

【 コレはNG 】
雑菌が入るので、容器の先が目にふれないように注意。

2:ママの指で目を閉じさせる

薬を入れたら、ママの指で上下のまぶたを寄せて目を閉じさせます。

3:両手をしばらく握っておく

目をこすらないよう、しばらく赤ちゃんの手を握っておきます。

保管方法

冷蔵・常温など、薬ごとに保管を

開栓後の保存期間は1週間が目安。冷蔵・常温・遮光での保存など、薬に合わせた保管を。未開栓なら表示の使用期限まで。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新決定版 0~6才 赤ちゃんと子どもの病気とホームケア
    加部一彦監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp

関連する記事

関連する記事