【小児科医監修】こどもの事故の応急手当て | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
事故の応急手当て

【小児科医監修】こどもの事故の応急手当て

事故を防ぐためには、中毒症状を起こす薬品や家庭用品、飲み込める大きさの部品などを、赤ちゃんの手の届くところに置かないことが、鉄則です。
事故を予防することはもちろんですが、救急の知識を持っておきましょう。
事故を防ぐためには、中毒症状を起こす薬品や家庭用品、飲み込める大きさの部品などを、赤ちゃんの手の届くところに置かないことが、鉄則です。
事故を予防することはもちろんですが、救急の知識を持っておきましょう。

異物を飲んだ

何でも口に入れる赤ちゃん。周囲を片づけて!

赤ちゃんは5〜6か月ぐらいになると、手にしたものを何でも口に入れるようになりますが、これは発達段階のひとつです。
事故を防ぐためには、中毒症状を起こす薬品や家庭用品、飲み込める大きさの部品などを、赤ちゃんの手の届くところに置かないことが、鉄則です。

応急ケアのポイント

1. 口を開かせ、口の中に残っているかどうかを確認する。

  • 口の手前にある場合
    飲み込まないように舌を指で押さえながら、もう一方の手の指を入れて、そっとかき出します。
  • 奥にある場合
    無理に取り出さず、吐き出させます。

2. 飲み込んだ場合は、何を飲んだかをチェックする。

そばにある容器や口のにおいから、飲んだもの、量、時刻などを確認します。

3. 吐かせていいかどうかを判断する。

  • 吐かせていいものの場合
    口を開かせ、舌の付け根を指で強く押して吐かせた後、病院へ。飲み残したものや容器も持参すること。

  • 吐かせてはダメなものの場合
    吐かせられない、あるいはとがったものを飲んだ場合は至急病院へ。コインなどの固形物は、排便を待ちますが、念のため受診します。

事故を予防することはもちろんですが、救急の知識を持っておきましょう。

受診の目安をチェック

救急車で大至急病院へ

□ 吸いがら入りの水、灯油、ガソリンを飲んだ。
□ 意識障害やけいれんが見られる。
□ だ液や吐いたものに血が混じっている。

診察時間外でも病院へ

□ タバコを食べた。
□ 医薬品を食べた。

家でようすを見る

□「少量ならほとんど無害なもの」を少量飲んだ、食べた。

予防ポイント

  • 直径39㎜以下のものを、高さ1m以下のところに置きっぱなしにしない。
  • タバコや吸いがらの入った灰皿を出しっぱなしにしない。
  • アルコール飲料、灯油の容器なども手の届かないところへ。
  • 低い扉や引き出しにはストッパーをつける。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当