【小児科医監修】 子どもの体と心の気になるQ&A 生後6か月 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
6か月検診

【小児科医監修】 子どもの体と心の気になるQ&A 生後6か月

赤ちゃんや子どもは、まだ自分の気持ちを言葉で上手に伝えることができません。気になる体の症状、心の変調に気づいたときどうしてあげればいいのか、ママは不安になることが多いもの。よくある気がかりにしっかり答えます。
赤ちゃんや子どもは、まだ自分の気持ちを言葉で上手に伝えることができません。気になる体の症状、心の変調に気づいたときどうしてあげればいいのか、ママは不安になることが多いもの。よくある気がかりにしっかり答えます。

元気でも体温が37度以上のことが。病気なの?

  • 赤ちゃんの体温は大人より少し高めです

    赤ちゃんは新陳代謝が活発なため、体温が大人より少し高めです。個人差もありますが、36度5分~37度2分くらいまでが平熱という子がほとんどです。平熱を知っておくために、赤ちゃんの体調のいいときに1日数回熱を測ってメモしておくといいでしょう。病気が心配なのは、熱の有無にかかわらず、グッタリしたり、食欲がないとき。元気でごきげんなら、たいていは心配ないものです。

おへそが黒っぽく、きれいになりません

  • 皮膚を傷つけるので無理にきれいにしなくても大丈夫

    おへそはひだが多いので、黒ずんで見えがちです。また、あかがたまっていると黒くかたまってしまうことがあります。おふろ上がりに、ベビーオイルをしみこませた綿棒でぬぐいましょう。ただし、強くこすると皮膚を傷つけるので、無理に取ってはいけません。そうじしてもきれいに見えないときは、色素が沈着している可能性があります。色素は、半年~1年もたてば薄くなります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次