【小児科医監修】急性咽頭炎 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
のどの腫れを診る

【小児科医監修】急性咽頭炎

ウイルスや細菌によってのどが炎症を起こす。【主な症状】のどのはれ・発熱
ウイルスや細菌によってのどが炎症を起こす。【主な症状】のどのはれ・発熱

【症状】発熱してのどが痛む

かぜの一種で、のど(咽頭)が炎症を起こします。主にかぜのウイルスが、のどの粘膜に感染したことが原因です。ただし、咽頭炎だけを単独で起こすことはまずなく、急性鼻炎などを併発する場合がほとんどです。

のどが痛むので、食欲が落ち、赤ちゃんは母乳やミルクの飲みが悪くなります。39度以上の熱が出ることもあります。

【治療】水分を補給しながら、回復を待つ

急性咽頭炎のほとんどはウイルス感染なので、これという治療法はなく、症状に応じたケアをしながら回復を待つことになります。痛みのため、飲んだり食べたりしたがらなくなるので、脱水症を起こさないように、こまめに水分を補給するよう心がけましょう。

小児科では、のどの痛みが強いときは消炎鎮痛剤、熱があるときは解熱剤などの薬が処方されます。出された薬は、指示どおりに飲ませましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事