【小児科医監修】急性外耳炎 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
泣いている赤ちゃん

【小児科医監修】急性外耳炎

外耳道が炎症を起こす。
【主な症状】発熱・耳だれ
外耳道が炎症を起こす。
【主な症状】発熱・耳だれ

【症状】外耳道に炎症が起き、耳だれが出ることも

耳の入り口から鼓膜までを外耳道といいます。この部分が炎症を起こすのが、急性外耳炎です。

耳をかゆがったり、少量の耳だれが出たりします。ひどくなると、化膿しておできのようにはれたり、やぶれて血の混ざったうみが出ることもあります。子どもはとても痛がります。

原因は、外耳道にできた湿疹、耳そうじの際の小さな傷から起きた細菌感染などです。まれに、真菌というカビの一種が原因の場合もあります。赤ちゃんを寝かせた姿勢で授乳し、口からあふれた母乳やミルクが耳に入って外耳炎を起こすこともあります。

【治療】耳鼻科を受診。処方された薬で治療

耳鼻科を受診し、耳の中を洗浄してもらいます。症状に応じて抗生物質や、ステロイドの入った軟膏や飲み薬が処方されるので、指示どおりに使いましょう。治るまでは、プールや水遊びは休みます。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新決定版 0~6才 赤ちゃんと子どもの病気とホームケア
    加部一彦監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp

関連する記事

お気に入り

関連する記事