【小児科医監修】急性脳炎・急性脳症 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
救急車

【小児科医監修】急性脳炎・急性脳症

脳が炎症を起こしたり、脳圧が上昇する。【主な症状】発熱・嘔吐・けいれん
脳が炎症を起こしたり、脳圧が上昇する。【主な症状】発熱・嘔吐・けいれん

【症状】脳の炎症やむくみが原因で高熱やけいれんを起こす

急性脳炎は、ウイルスや細菌に感染して、脳に炎症が起こる病気です。一方、同じような症状があっても、ウイルスや細菌の感染が見られないものを急性脳症と総称しています。

急性脳炎も急性脳症も、高熱が出て、嘔吐、ひきつけ、頭痛、手足のまひなどの症状が現れます。急速に意識障害が起こり、うとうとと眠ったままになることもあります。

急性脳炎

急性脳炎は、ウイルスや細菌などの感染によって、脳の神経細胞に炎症が起こります。原因となるウイルスは、ヘルペスウイルス、エンテロウイルス、はしかを起こす麻疹ウイルス、風疹の原因の風疹ウイルス、水ぼうそうを引き起こす水痘帯状疱疹ウイルス、インフルエンザの原因のインフルエンザウイルス、おたふくかぜを起こすムンプスウイルスなど、たくさんあります。急性脳炎の多くは、こうしたウイルス性の病気の後に続けて起こります。また、マイコプラズマという微生物が原因になることもあります。

高熱や嘔吐、けいれん、意識障害などの症状が見られます。発症自体がまれですが、急性脳炎を起こすと重い後遺症を残したり死亡することもあります。

急性脳症

急性脳症は、何らかの原因で脳内の圧力が急激に高まります。そして、脳内の血液の循環が悪くなって、急性脳炎と同じく発熱や嘔吐、けいれん、意識障害などの症状を引き起こします。病気の勢いが強いと、後遺症を残したり命にかかわることもあります。

ライ症候群

急性脳症の中でも、特に肝臓の機能の異常を伴う場合をライ症候群と呼んでいます。ライ症候群は、脳がむくみ、発熱やけいれん、意識障害が起こります。

原因はよくわかっていませんが、インフルエンザや水ぼうそうなどのウイルス感染や、治療のために使う解熱鎮痛剤のアスピリンとの関連性が疑われています。そのため、子どもにはアスピリンの使用を控えたほうがいいとされています。

【治療】疑わしい症状があるときは、病院へ急いで

急性脳炎も急性脳症も、運動障害や知的障害などの重い後遺症を残したり、生命にかかわることもあり、早めに治療することが重要です。嘔吐が続いたり、けいれんを起こした後で意識が戻らないなどの症状が見られたときは、危険度が高いといえます。夜中でも大至急子どもを病院へ連れて行ってください。

急性脳炎の治療

入院して治療します。原因となるウイルスによっては、抗ウイルス薬が有効なケースもあります。しかし、それ以外は根本的な治療法はまだありません。 

病院ではCT(コンピュータ断層撮影法)やMRI(磁気共鳴画像診断法)、髄液検査などで診断し、脳のはれやけいれんなどを抑える対症療法を行います。

急性脳症の治療

急性脳症の場合も入院して治療することになりますが、根本的な治療法はまだありません。CTやMRI、髄液検査などを行い、酸素の吸入、脳のむくみを取る薬や抗けいれん薬の投与など、症状に合った治療を行います。

症状の変化やようすに注意を

急性脳炎は、はしかや水ぼうそう、インフルエンザなどの感染症にかかったときに、合併症として発症することが多いものです。その病気自体のケアだけでなく、症状が急に悪化していないか、子どもの全身状態が悪くなっていないかなどにも注意をはらうようにします。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新決定版 0~6才 赤ちゃんと子どもの病気とホームケア
    加部一彦監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp

関連する記事

お気に入り

関連する記事