【小児科医監修】手足口病 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
泣く子ども

【小児科医監修】手足口病

手、足、口に発疹ができる。【主な症状】発疹
手、足、口に発疹ができる。【主な症状】発疹

【症状】手のひら、足の裏、口内に発疹ができる

名前のとおり、手、足、口に発疹ができます。夏に多い感染症です。

原因は、コクサッキーウイルスA群やエンテロウイルスなど夏かぜの原因になるウイルスです。中でもコクサッキーウイルスA16型やエンテロウイルス71型が代表的ですが、そのほかのコクサッキーウイルスA群やエンテロウイルスでもかかるので、1回だけではなく何度も手足口病にかかる場合があります。

せきやくしゃみによって飛び散ったウイルスを吸い込むことによる飛沫感染、便から排泄されたウイルスが手を介して口に入る経口感染でうつります。

多く見られるのは主に5歳以下の乳幼児です。集団生活の場である、保育園や幼稚園で流行することもあります。

発疹

1〜5日の潜伏期間の後、手のひらや足の裏、舌や歯ぐき、口の中などに赤い発疹や小さい水疱が出てきます。大きさは米粒ほどです。おしり、ひじ、ひざなどにもできたり、手、足、口など体には発疹が出ず口の中に潰瘍ができるだけの場合や、手のひらや足の裏だけに発疹ができる場合もあります。

手足にできた水疱は、皮膚の比較的深部にできるため、いくぶんかためであり、すぐにはつぶれません。また、痛みやかゆみは特にありません。

口の中の水疱はつぶれて潰瘍になり、しみて痛みます。食欲が落ち、痛みのためきげんが悪くなったりします。

この発疹は1週間程度で茶色くなります。そしてその後は、しだいに消えていき、あとが残ることはありません。

発熱

発疹とほぼ同時に38〜39度の熱が出て、2〜3日の間続くこともあります。しかし、熱が出ないことも少なくありません。熱が出るか出ないかは、その年に流行するウイルスの種類によって異なります。

合併症

比較的軽い病気ですが、まれに脳炎や無菌性髄膜炎、心筋炎などの合併症を起こすこともあります。

【治療】水分を補給しながら回復を待つ

発熱や発疹などの症状に気がついたら、小児科を受診しましょう。手足口病のウイルスに直接効く特効薬はありませんが、ほかの病気ではないことを確認してもらう意味でも、受診しておくと安心です。

その後は、熱があれば解熱剤を使うなど、現れた症状に合わせて治療しながら、家庭で回復を待つことになります。特に合併症を起こさなければ、1週間ほどでよくなるでしょう。

ただし、家庭でケアをしている間に高熱や頭痛、けいれん、嘔吐がひどいなどの症状が見られた場合は、合併症を起こしている可能性があります。早めに受診してください。

食事

口の中の発疹が潰瘍になると、食欲が落ちてしまいます。熱いもの、酸味や塩味のあるものなどを避け、ヨーグルトやゼリーなど、やわらかくて飲み込みやすく、口当たりのいいものを与えるようにしてください。

水分補給

潰瘍がひどく、痛みのために食べたがらないときは、無理に食べさせようとしないように。麦茶や湯ざましなどで水分をしっかり補給してください。

治ってからも念入りに手洗いを

手足口病の原因となるウイルスは、回復後も2~3週間は子どもの便から排泄されます。ですから、治ってもしばらくはおむつ替えの後にママは念入りに手を洗いましょう。ほかの子にうつさないように気をつける必要があります。

子どもが発疹の出る病気にかかったときの、ママやパパによる体験談の記事一覧です。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当