【小児科医監修】 子どもの体と心の気になるQ&A 4歳3か月 | MAMADAYS(ママデイズ)

MAMADAYS(ママデイズ)

4歳男の子

【小児科医監修】 子どもの体と心の気になるQ&A 4歳3か月

赤ちゃんや子どもは、まだ自分の気持ちを言葉で上手に伝えることができません。気になる体の症状、心の変調に気づいたときどうしてあげればいいのか、ママは不安になることが多いもの。よくある気がかりにしっかり答えます。
赤ちゃんや子どもは、まだ自分の気持ちを言葉で上手に伝えることができません。気になる体の症状、心の変調に気づいたときどうしてあげればいいのか、ママは不安になることが多いもの。よくある気がかりにしっかり答えます。

たびたびうんちをもらします。大丈夫?

  • 3か月以上続いているなら、小児科を受診して

    排便の機能が整うのは4歳ごろなので、そのころまではうんちの失敗はしかたがないでしょう。ただ、4歳を過ぎても月に1回以上、6か月以上続けてうんちで衣服や床を汚してしまうことを遺糞(いふん)症といいます。便秘で排便に痛みがあるために、うんちをがまんしているうちにもらす、うんちが下痢ぎみでもれてしまうことなどが原因になるので、小児科を受診したほうがいいでしょう。

しょっちゅう、つめをかんでいます。やめさせるべき?

  • 無理にやめさせなくても、いずれしなくなります

    つめかみは幼児期以降に見られることが多く、思春期になっても続くことがあります。長引く指しゃぶりと同様に、緊張や不安、不満などを自分でまぎらわせ、気持ちを落ち着かせるためにしていると考えられます。無理にやめさせようとすると、かえって気になってやめられなくなったり、心が不安定になってしまうことがあります。いっしょに遊んだり、絵本を読んだりして、楽しく気分転換を。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次