【小児科医監修】 子どもの体と心の気になるQ&A 5歳9か月 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
昼寝する女の子

【小児科医監修】 子どもの体と心の気になるQ&A 5歳9か月

赤ちゃんや子どもは、まだ自分の気持ちを言葉で上手に伝えることができません。気になる体の症状、心の変調に気づいたときどうしてあげればいいのか、ママは不安になることが多いもの。よくある気がかりにしっかり答えます。
赤ちゃんや子どもは、まだ自分の気持ちを言葉で上手に伝えることができません。気になる体の症状、心の変調に気づいたときどうしてあげればいいのか、ママは不安になることが多いもの。よくある気がかりにしっかり答えます。

よく、おねしょをします

  • 成長すれば直ることがほとんどです

    4〜5歳になると、尿の量を調整する抗利尿ホルモンの分泌リズムが整ってきて、夜間の尿の量が減ってきます。また、膀胱にためられる量も増えてくるので、おねしょをする子は減ってきます。しかし、中には5歳を過ぎても夜間の尿量が多い、あるいは膀胱の容量が少ないなどでおねしょが続く子も。成長とともに直ることがほとんどですが、頻繁なら、おねしょにくわしい小児科か泌尿器科へ。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次