【小児科医監修】外陰部膣炎 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
オムツ替えする女の子

【小児科医監修】外陰部膣炎

女の子の外陰部が炎症を起こしてはれる。
【主な症状】炎症・かゆみ・排尿痛
女の子の外陰部が炎症を起こしてはれる。
【主な症状】炎症・かゆみ・排尿痛

【症状】外陰部の細菌感染で赤くはれる

女の子の外陰部(大陰唇、小陰唇、会陰)が赤くはれ、かゆみを伴います。炎症が進むと、おむつや下着に黄色いにおいのあるおりものや、血の混ざったおりものがつきます。ただれるので排尿のときにしみて痛がります。

原因は、大腸菌やブドウ球菌などの細菌感染です。乳幼児の膣内には、成人女性の膣内と違って、細菌感染から膣を守る役割をする膣桿菌(ちつかんきん)という菌がありません。また、おむつをしている赤ちゃんの場合、外陰部がいつも湿った環境にあるため、細菌が繁殖しやすく、この病気にかかりやすいのです。

【治療】抗生物質の軟膏で治療する

赤くなっているだけならおふろで洗うだけで治りますが、痛みやおりものが見られるときは受診しましょう。抗生物質入りの軟膏で治療します。症状がひどい場合は、抗生物質の飲み薬が処方されることもあります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事