【 赤ちゃんと子どものアレルギー性の病気体験談 】気管支喘息(きかんしぜんそく) | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【 赤ちゃんと子どものアレルギー性の病気体験談 】気管支喘息(きかんしぜんそく)

【 赤ちゃんと子どものアレルギー性の病気体験談 】気管支喘息(きかんしぜんそく)

アレルギー性の病気とは長いおつき合いになることが多いもの。 でも、子どもが気管支喘息になったママたちは、気長に前向きにケアに取り組んでいます。
アレルギー性の病気とは長いおつき合いになることが多いもの。 でも、子どもが気管支喘息になったママたちは、気長に前向きにケアに取り組んでいます。

長いつき合いになりそう。ゆっくり治していきます

かかった月齢 1歳2か月(男の子) 埼玉県/K・Sさん

かぜをひくとせきがなかなか治まらないので1歳過ぎてから検査をしたところ、ダニやハウスダストにアレルギーがあると判明。喘息と診断されました。以来、3歳になった今でも発作の予防薬を吸入しています。それでも春先や秋口といった季節の変わり目には胸がヒューヒューして苦しそうなときが。医師からは成長とともに改善すると言われているので、気長に治していきたいと思います。

発作の前ぶれに注意し、早めに対処

急に元気になってはしゃいだり、軽い感じのせきをしたら注意信号!
そのあとに発作が起こることが多いとわかってきたので、前兆が見られたら抱っこで落ち着かせています。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当