【小児科医監修】気管支喘息 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
気管支喘息

【小児科医監修】気管支喘息

気管支が狭くなり、呼吸をしにくくなる 【主な症状】せき・喘鳴・呼吸困難
気管支が狭くなり、呼吸をしにくくなる 【主な症状】せき・喘鳴・呼吸困難

【症状】激しいせきなどの発作が起こる

気管支喘息は、気管支が炎症を起こして狭くなり、うまく呼吸ができなくなる病気です。ふだんは元気ですが、発作が起こると激しくせき込んだり、「ゼーゼー」「ヒューヒュー」と、まるで笛を吹いているような息苦しそうな呼吸(喘鳴)をするのも特徴です。

症状が進むと、息を吸う回数が増え、呼吸が速くなり、胸が大きく上下する陥没呼吸が見られます。

さらに重症になると、喘息の発作で呼吸困難から酸素欠乏を起こし、命にかかわることもあります。

原因になる物質

ほとんどの気管支喘息は、アレルギー反応によって起こります。気管支がハウスダスト、ダニ、カビ、花粉、ペットの毛など何らかのアレルゲンに反応して一時的に収縮し、粘膜がはれて狭くなります。同時にたんも増えるので、ますます気管が狭くなり、十分息を吐き出せずに発作が起きてしまうのです。

また、ストレスやかぜ、汚れた空気やタバコの煙、激しく動いたり笑ったりすることによって発作が誘発されることも。

発作の起こりやすい時間帯

気管支喘息の発作は夜間や明け方に多く起こる傾向があります。また、発作が治まったように見えても、気管支が敏感になっているので、ちょっとした刺激でまた発作を起こしてしまいます。

発作が長引いて子どもが苦しそうだったり、顔色が悪かったり、血液中の酸素が不足してつめや唇が紫色になるチアノーゼが見られるときは、夜間でも急いで受診しましょう。

【治療】アレルゲンを調べ、薬で発作を予防

喘息発作が見られたら病院で検査を受けることが大事です。アレルギーの原因を突き止めておきましょう。

炎症を取る薬と気管支を広げる薬

治療には、主に気道の炎症を取る薬と、狭くなった気管支を広げる気管支拡張剤の2種類が使われます。処方された薬は指示どおりに使い、発作を予防し、抑えることが大切です。

発作が起きたときの対処

発作が起きたときは、気道のはれや痛みを抑える薬、気道を広げてラクにする薬など、医師に処方してもらった薬があれば、なるべく早く指示どおりに使用してようすを見ます。

また、呼吸がしやすくなるように衣服をゆるめ、たて抱きにしたり、ふとんに寄り掛かるようにして座らせたりするといいでしょう。たんが切れやすくなるように水分はこまめに補給します。言葉が理解できる年齢ならば、「吸って、吐いて」と声をかけながら、意識してゆっくり腹式呼吸をさせたりするのも、せきを鎮めるのに効果的です。

そうした処置をしても苦しそうなときは、夜間でも受診します。

家の中の環境を整え、アレルゲンを減らして

気管支喘息の発作を繰り返すと、気管支がダメージを受け敏感になっているため、さらに発作を起こしやすくなるという悪循環に陥ります。ですから、できるだけ発作を予防することが大切です。

部屋には毎日掃除機をかけ、ダニやハウスダストを除去。晴れた日には窓を開けて空気の入れ換えをしましょう。ただし、花粉が原因の場合には注意が必要です。

天気のいい日は寝具を日光に当てて乾燥させ、その後、掃除機でダニの死骸を吸い取ります。

また、タバコの煙は発作を誘発するので、家族は家の中でタバコを吸わないようにしましょう。

健康な生活を送ることも大事です。毎日、早寝早起きで規則正しいリズムで過ごし、疲労やストレスを避けるように心がけます。薄着で自律神経や皮膚を鍛えたり、スイミングなど適度な運動で丈夫な体を作ることも、気管支喘息の予防につながります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当