【小児科医監修】アトピー性皮膚炎 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【小児科医監修】アトピー性皮膚炎

【小児科医監修】アトピー性皮膚炎

かゆみのある湿疹が繰り返しできる  【主な症状】湿疹・かゆみ・乾燥肌
かゆみのある湿疹が繰り返しできる  【主な症状】湿疹・かゆみ・乾燥肌

【症状】皮膚の乾燥とかゆみのある湿疹が特徴

アトピー性皮膚炎はアレルギー性の皮膚炎で、皮膚の乾燥とかゆみのある湿疹が慢性的に続くのが特徴です。

皮膚が乾燥し白っぽく粉を吹いたように見える、赤く小さな湿疹ができる、肌がただれてジクジクする、皮膚がかたくゴワゴワしてくるなど症状はさまざまですが、いずれの場合も強いかゆみを伴い、子どもはがまんできずにかきむしってしまいます。そして、湿疹をかきこわすことでさらに症状が悪化します。また、よくなったり悪くなったりを繰り返します。

独特の発症パターン

発症する時期は、早い場合で生後2〜3か月ごろ。症状の現れ方や経過はさまざまですが、まず顔や頭に湿疹ができ、しだいにおなかや背中などへ広がっていくパターンが多く見られます。

経過を見ないと正確な診断が難しいため、月齢が低い赤ちゃんではいったん乳児湿疹と診断され、その後の経過によってアトピー性皮膚炎と診断名が変わることもあります。

体質と原因物質

アトピー性皮膚炎には、アレルギー体質がかかわっている場合が少なくありません。しかし、アレルギー体質を持っていても、すべての子どもがアトピー性皮膚炎になるわけではありません。

アトピー性皮膚炎を発症する子どもの肌は乾燥しやすく、バリア機能が弱くなっている状態です。そのため、健康な肌にはなんでもない刺激にも反応し、炎症やかゆみが起きてしまいます。体質に加え、肌の乾燥、食べもの、汗や汚れによる刺激、ダニ、ハウスダストなどさまざまな要因が加わり、アトピー性皮膚炎が発症すると考えられています。

【治療】症状を抑えるぬり薬を指示どおりに使う

かゆみのある湿疹がよくならないなど、アトピー性皮膚炎が疑われる場合は、小児科か皮膚科を受診しましょう。

ステロイド外用薬などのぬり薬

治療は主にぬり薬を中心に行います。よく使われるのはステロイド外用薬と非ステロイド外用薬、保湿薬の3種類です。かゆみが強いときは、かゆみ止めの飲み薬が処方されることもあります。

ダニ・ハウスダスト対策

日常生活でのホームケアが大切です。ダニやハウスダストなどは肌を刺激する要因になるため、こまめな掃除が大切。天気のいい日は寝具を日光に当て、取り込んだら掃除機をかけてダニの死骸やほこりを吸い取ります。また、おふろ上がりにはクリームをぬったり、こまめなスキンケアで肌の乾燥を防いでください。

民間療法を試すときは慎重に

アトピー性皮膚炎の治療には、医学的な根拠が実証されていない、いわゆる民間療法が数多くあります。中にはそれで症状が改善されたケースもあり、一概に民間療法のすべてが悪いというわけではありません。しかし高額なものも多く、症状が悪化する場合があることも事実です。

民間療法を試してはいけないとはいえませんが、試す場合はまず主治医に相談を。そして、まずは短期間行ってみて、症状が悪化したり、よくない影響が見られたときは、すぐに中止してください。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当