【小児科医監修】ばね指 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
子供が手をパーにする

【小児科医監修】ばね指

指をまっすぐに伸ばせない。
【主な症状】指が曲がっている
指をまっすぐに伸ばせない。
【主な症状】指が曲がっている

【症状】指が曲がっていてまっすぐに伸びない

手の指の関節が曲がっていて、まっすぐに伸ばせません。無理に伸ばそうとすると関節がコリッと鳴ったり、離すと指がばねのように元に戻ります。痛みはないものの、指を自由に曲げ伸ばしできないため、大きくなって手を使うときに不都合が生じます。

親指に多く見られます。関節の腱が厚かったり、小さなこぶが腱鞘に引っ掛かるのが原因と考えられています。小さいころは指を曲げていることが多いために気づかれにくく、1歳過ぎになってからわかることが多いようです。

【治療】自然に治るのを待つか、装具で矯正

軽い場合は、そのままようすを見ていれば自然に治りますが、アルフェンスシーネという矯正装具をつけて治療することもあります。3〜6か月ほどで指の曲げ伸ばしが自由にできるようになるようです。治らない場合は、5〜6歳になってから手術を行います。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事