【小児科医監修】肘内障(ちゅうないしょう) | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
右手を下ろして泣く子ども

【小児科医監修】肘内障(ちゅうないしょう)

腕を引っ張られたときにひじが抜けた状態に。
【主な症状】腕の痛み・腕が動かない
腕を引っ張られたときにひじが抜けた状態に。
【主な症状】腕の痛み・腕が動かない

【症状】ひじの骨がはずれかかり、動かせなくなる

ひじの骨が輪状靱帯(りんじょうじんたい)からはずれかかった状態です。手を引っ張られたり転んだりするなど、急に力が加わったことが原因で肘内障になります。

ひじや腕がはれることはありませんが、激しい痛みでひじが動かせなくなり、腕全体がダラリとした状態になります。

1〜5歳ごろの幼児に多く見られます。子どもの関節周辺の組織は未成熟でゆるいため、無理な力がかかると比較的簡単に肘内障を起こしてしまいます。

【治療】はずれかけている骨を正しい位置に戻す

腕をタオルなどで固定して、小児科か整形外科を受診。はずれかけている骨を戻してもらいます。

一度肘内障になると、繰り返し起こしやすくなります。腕を強く引っ張ったり、手を持って体をぶら下げる遊びなどは控えましょう。小学校に入るころには、骨や靱帯が発達するため、自然と起こしにくくなります。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事