【小児科医監修】急性副鼻腔炎 | MAMADAYS(ママデイズ)
鼻を触る子ども

【小児科医監修】急性副鼻腔炎

副鼻腔が細菌に感染し、分泌液がたまる
【主な症状】発熱・鼻水
副鼻腔が細菌に感染し、分泌液がたまる
【主な症状】発熱・鼻水

【症状】副鼻腔が炎症を起こし、黄色い鼻汁が出る

鼻の奥には、副鼻腔という空洞(くうどう)があります。この部分に、主に細菌が入り込んで炎症を起こす病気です。ほとんどは、かぜの後に起こります。赤ちゃんには少なく、多く見られるのは1歳以降です。 

発熱の後、薄いサラサラした鼻水がだんだんと黄色くなり、粘りを持ってうみのようにドロドロしてきます。鼻が詰まるため、口で呼吸をするようになります。

【治療】たまっている鼻汁を出し、 抗生物質で治療

かぜの後で鼻水や鼻詰まりが長引いたり、黄色い鼻水が出たら、耳鼻科を受診しましょう。耳鼻科では、鼻の穴から副鼻腔に針を入れ、鼻汁を出して洗浄してから抗生(こうせい)物質の薬を注入します。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新決定版 0~6才 赤ちゃんと子どもの病気とホームケア
    加部一彦監修、学研プラス ※情報は掲載時のものです
    https://hon.gakken.jp

関連する記事

関連する記事