【小児科医監修】脳性まひ | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
車椅子

【小児科医監修】脳性まひ

脳のトラブルでまひや筋の緊張が強くなる。
【主な症状】まひ・筋緊張
脳のトラブルでまひや筋の緊張が強くなる。
【主な症状】まひ・筋緊張

【症状】脳の障害で運動機能や姿勢に異常が出る

胎児期、出生時、新生児期のいずれかの時期に脳に障害が起こり、運動機能や姿勢に異常が現れる病気です。運動面に異常が出るのは、脳の運動機能を司る部分に障害が起こるためです。

原因

脳性まひの原因としては、早産、新生児仮死、中枢神経系の先天異常のほか、妊娠高血圧症候群、頭蓋内出血、新生児期の髄膜炎(ずいまくえん)、脳炎などの後遺症が挙げられます。以前は分娩障害や核黄疸(かくおうだん)が原因の脳性まひが多かったのですが、医療の進歩によってこうしたケースは減少しました。

運動障害

症状は、障害のある脳の部位によって異なります。一般に、手足の緊張が強く、体がかたくなったり、異常に反り返ったりします。意思に反して手足が激しく動いてしまうこともあります。

また、首のすわり、お座り、ひとり歩きなど運動機能の発達が遅れる、原始反射が消えない、全身または半身がまひするといった運動障害が見られます。重度の脳性まひは早い時期に発見されますが、片まひ(半身のまひ)の場合は、症状が軽いと見過ごしてしまうことも。歩き始めるころになってまひに気がつくケースもあります。

脳性まひは、必ずしも知的な障害を伴うものではありません。しかし、障害が脳の広範囲に及ぶ場合は、知的障害や言語障害を伴う場合も見られます。

【治療】機能訓練を積み重ねて発達を促す

軽い脳性まひの場合は、成長にしたがってまひが目立たなくなり、歩くこともできるようになります。

症状が重い場合は、早い時期から地域の療育センターなどの専門機関で発達を促す訓練を受けることが大切です。損傷を受けた脳の部分を元どおりに治すことはできませんが、早い時期から機能訓練を積み重ねることで、座る、立つ、歩くなどの運動機能を獲得していくことができるからです。

なお、筋緊張が強い場合など症状によっては、筋肉の硬直を緩和する筋弛緩剤や、抗けいれん剤などを使用して治療する場合もあります。

日常生活の中では、自立に向けていろいろな場面で一歩一歩前進できるように、ほめたり励ましたりしながら根気よく見守ってあげてください。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当