【小児科医監修】ダウン症候群 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
ダウン症の男の子

【小児科医監修】ダウン症候群

生まれつきの染色体異常で発達が遅れる。
生まれつきの染色体異常で発達が遅れる。

染色体が1本多く、発達に遅れが生じる

21番目の染色体(せんしょくたい)が生まれつき1本多く、約1,000人に1人の割合で生まれます。高齢出産に多い傾向があります。

運動や知的発達が遅れがちで、目と目の間隔が開いているなど特徴のある顔つきが見られますが、現れ方には個人差があります。また、心臓や消化器官の形態異常や白内障(はくないしょう)、屈折(くっせつ)異常などの目の異常がある場合もあります。

形態異常は手術で治療。療育で発達を支援する

心臓や消化器官の形態異常があるときは、適当な時期に手術を行います。また、療育センターなどの専門機関で機能訓練や特殊教育を行い、発達を促し、自立をサポートします。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当