【小児科医監修】胆道閉鎖症 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
赤ちゃん

【小児科医監修】胆道閉鎖症

胆汁を腸へ送り込めず黄疸が続く。【主な症状】黄疸・淡黄色便・濃黄色尿
胆汁を腸へ送り込めず黄疸が続く。【主な症状】黄疸・淡黄色便・濃黄色尿

【症状】胆管が閉じていて胆汁が流れなくなる

肝臓でつくられた胆汁は胆管を通って十二指腸に流れて、ここで食物と混じって栄養素の吸収を助けます。この胆汁の通り道である胆管が、生まれつきまたは生後間もなく完全に詰まってしまい、胆汁を十二指腸に送り込めない原因不明の病気が胆道閉鎖症です。

胆道閉鎖症を発症すると、黄疸が生後2週間を過ぎても消えず、皮膚はくすんだ黄色に見えます。また、便は黄色みが薄いのが特徴で、生後1か月までに現れることが多いのですが、もっと遅いこともあります。尿は逆に濃い黄色から褐色になります。この黄疸、淡黄色便、濃黄色尿の3症状もしくは、気になるようすがあれば、すぐに小児科や小児外科の専門医にかかってください。

【治療】胆汁の通り道を作る手術が緊急に必要

進行すると生命の危険があるため、閉じた胆管を切除し、胆汁が流れるようにする手術を緊急に行います。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当