1歳のお祝いに「一升餅」とは?祝い方は? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

1歳のお祝いに「一升餅」とは?祝い方は?

1歳のお祝いに執り行われる行事「一升餅(いっしょうもち)」。この記事ではその一升餅の重さや由来、やり方について写真付きでまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

1歳のお祝いに「一升餅」とは?祝い方は?

1歳のお祝いに執り行われる行事「一升餅(いっしょうもち)」。この記事ではその一升餅の重さや由来、やり方について写真付きでまとめました。ぜひ参考にしてみてくださいね。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

「一升餅(いっしょうもち)」とは?

「一升餅(いっしょうもち)」とは、一升(=お米約10合分に相当)のお餅のことを指します。

01

© 2015 every, Inc.

お餅の形は、一升分をひとつにまとめて丸く平にかたどったり(画像参照)、ふたつに分けて丸めたりすることもあり、地域によって異なります。

「一升餅」は、1歳のお祝いとしておこなわれる行事に使われるお餅のことでもあり、現代ではお祝いそのもののことを指したりもします。

一升の重さは?

02

© 2015 every, Inc.

一升餅の重さは約2㎏です。

厳密に言うと一升の「升」は、正確には体積を表す単位なので、重さに変換するのに明確な決まりはありませんが、おおむね1.8㎏~2㎏の間になります。

一升餅のお祝いとは?

04

© 2015 every, Inc.

「一升餅」は、赤ちゃんが1歳を迎えたお祝いとして行います。お餅の体積の一升(いっしょう)と一生(いっしょう)を掛けているといわれ、

「一生食べ物に困ることがないように」「健やかな一生がおくれるように」と子どもの将来を願います。

一升餅の祝い方

05

© 2015 every, Inc.

一升餅に使われるお餅は、ネットで購入できるので、好みのものをお祝いの前に用意しておくとよいでしょう。

06

© 2015 every, Inc.

地域によって多少違いはありますが、風呂敷にお餅を包みます。

07

© 2015 every, Inc.

肩掛けにして包み、ななめに背負わせます。

(※必ず、首元が圧迫されないように気を付けて背負わせてください)

一般的にはお餅を背合わせることが多いです。地域によっては、踏んだり抱かせたりすることもあります。

背負わせた後の子どもがどのような行動を取るか、注意深く見守りましょう。

立ち上がったら

08

© 2015 every, Inc.

一升餅を背負ったまま立ち上がった場合「身を立てられる」といわれています。

※地域により異なります。

座り込んだら

09

© 2015 every, Inc.

一升餅を背負ったまま座り込んだら「家を継ぐ」といわれています。

転んだら

10

© 2015 every, Inc.

一升餅を背負ったまま転んだ場合「厄落としができた」といわれています。

背負えなくても喜ばしいこと

一升餅のお祝いでたとえお餅を背負えなくても、ママやパパが子どもを責めたりガッカリしたりするような悪い意味はありません。

どのような結果になるかは、子ども次第です。ママやパパは、子どもの安全に気をつけながら、盛大にお祝いしましょう。

元来のスタイルにとらわれない祝い方も

最近では風呂敷に限らず、リュックに一升餅を入れて、お祝いするケースも増えてきています。リュックなら、お祝いの後にも、子どもとお出かけするときに使えますよね。

また、お餅の形も、元来は円形でしたが、かわいらしいハート形や、後で食べやすいように小分けした丸もちなどに変化してきています。お祝いのあとは、祖父母に、思い出のおすそ分けをするのもいいかもしれません。

_________

子どもの1歳の誕生祝いとして、伝統を大事にしながらも、自分たちにあった方法でお祝いをしたいですね。どのような結果であれ、子どもが生まれてきて、無事に成長してくれたことを喜びあう記念になるといいですね。