【届け出だけでもらえるお金(育児・教育)】子育て支援パスポート | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
【届け出だけでもらえるお金(育児・教育)】子育て支援パスポート

【届け出だけでもらえるお金(育児・教育)】子育て支援パスポート

育児・教育にかかわる、国や自治体から受けられる支援制度を知っていますか?今回は『届け出だけでもらえるお金』(井戸美枝 著・プレジデント社)より、協賛する店や施設が割引などのサービスを行う「子育て支援パスポート」のポイントをわかりやすく説明します。
育児・教育にかかわる、国や自治体から受けられる支援制度を知っていますか?今回は『届け出だけでもらえるお金』(井戸美枝 著・プレジデント社)より、協賛する店や施設が割引などのサービスを行う「子育て支援パスポート」のポイントをわかりやすく説明します。

プレジデント社

トクするお金

全国の店舗で割引サービス

内容

子どものいる家庭に対し、協賛する店や施設が割引などのサービスを行うもの。以前は自治体単位の取り組みでしたが、現在は、居住する市区町村で交付されたパスポートを、全国の都道府県で利用できるようになっています。

対象者

子育て中の世帯。子どもの年齢など、詳細は自治体によって異なる。妊娠中の人がいる世帯が対象に含まれる例も

ポイント

  • 中学生以下の子どもがいる世帯、18歳未満の子どもがいる世帯など、対象は自治体によって異なる
  • 協賛店舗での買い物代、食事代などの割引、サービス品の提供、住宅ローンの金利引き下げ、チャイルドシートの無料貸与など、さまざまなサービスがある
  • パスポート(優待カード)は学校や幼稚園などでの配布、母子手帳交付時、出生届を提出する際の交付など。東京都など、スマートフォンにアプリをダウンロードできる自治体もある
  • 子ども同伴がサービスを受ける条件となるケースや、親だけでも優待が受けられる例がある

届け出先

自治体

井戸美枝先生のコメント

子育て支援パスポートはいつも持っておきましょう。提示するとさまざまなサービスが受けられ、協賛する企業やお店が拡がっています。知らないともったいないですね。

子育て応援とうきょうパスポートの例

対象:東京都内在住の中学生以下の子どもまたは妊娠中の人がいる世帯

  • 粉ミルクのお湯の提供
  • おむつ替えスペースの提供
  • トイレにベビーキープ設置
  • 授乳スペースの提供
  • キッズスペースの提供
  • ベビーカーを店内で利用可能
  • 景品の提供
  • ポイントの付与
  • 商品の割引
  • その他 利用者に資するサービス

※記事内で紹介する制度の内容や金額は2019年2月時点のものです(例外は注釈で表記など)。随時、変更がありますので、詳細はお住まいの地域の届け出先にお問い合わせください。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次

お気に入り

関連する記事