お宮参り|赤ちゃんの産着(うぶぎ)のかけ方は? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

お宮参り|赤ちゃんの産着(うぶぎ)のかけ方は?

お宮参りの「産着(うぶぎ)」。その産着の下がどうなっているのかわからない、
また「産着ってどうやって着せたらいいの?」などと悩むママやパパもいるのでは? この記事では産着についてや着せ方を、写真付きでわかりやすく紹介します。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

お宮参り|赤ちゃんの産着(うぶぎ)のかけ方は?

お宮参りの「産着(うぶぎ)」。その産着の下がどうなっているのかわからない、
また「産着ってどうやって着せたらいいの?」などと悩むママやパパもいるのでは? この記事では産着についてや着せ方を、写真付きでわかりやすく紹介します。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

お宮参りとは? 産着(うぶぎ)とは?

お宮参りとは

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

「お宮参り」とは、子どもの健やかな成長を祈るため、神社へお参りすることをいいます。

男の子は生後31~32日目、女の子は生後32~33日目に参ることが多いとされています。赤ちゃんの服装として、ベビードレスや着物(産着)を着用して参拝するのですが、実際には、どのように着用するのかわからずに、困ることもあるでしょう。この記事では、お宮参りのときに使用する、赤ちゃんの産着の着せ方をご紹介します。

また、お宮参りをするにあたり、用意したいものや日取り、お宮参りですることなどをまとめていますので、こちらの記事も参照してみてください。

赤ちゃんが生まれてから1歳になるまでの間には、どのような行事があるのでしょうか。
今回は、赤ちゃんが生まれて約1ヶ月後に神社仏閣にお参りをする、「お宮参り」をご紹介します。

赤ちゃんが着る「産着(うぶぎ)」とは?

「産着(うぶぎ)」とは、お宮参りの際に赤ちゃんが着る着物のこと。

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

赤ちゃんと赤ちゃんを抱く人にかけられる着物を指し(広い意味では、出産直後に着せる初着のことや生後3日目に着せる着物なども含まれます)、お宮参りをするときに着せる、赤ちゃんの礼服のことをいいます。日本古来の文化でもあり、柄や色にも意味があります。

現在のお宮参りでは、赤ちゃん、親や祖父母も和装だけでなく洋装も選べるため、必ず着せなくてはならないという決まりはありません。参拝する人の体調や、季節により参拝しやすいものを選んでもよいでしょう。

赤ちゃんとママやパパなどが着るお宮参りでの服装についてはこちらの記事を参考にしてみてください。

赤ちゃんが元気に育つように神様に願う初めてのお宮参り。伝統的な行事だからこそ、赤ちゃんに着物を着させたいママやパパもいるでしょう。どのような着物を選べばよいのか知りたいですよね。この記事では、お宮参りに赤ちゃんに着せる物について解説します。
生後1ヶ月頃の赤ちゃんとともに参拝するお宮参り。神社に参拝するとき、どのような服装で行けばいいのか気になりますよね。この記事では、お宮参りの赤ちゃん、ママ・パパの服装について紹介します。

お宮参りの産着のかけ方は?

赤ちゃんの衣装は〜?

一見、さらっと羽織っているだけのようにも見えますが、美しく着こなすために、手順はしっかり押さえたいところ。写真付きで「産着のかけ方」について紹介します。

手順

①白い洋服に白い帽子、お参り用の前掛けを着用します。

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

②着物の内側から袖口にひもを通します。

(襦袢がある場合は着物に襦袢の袖を通しひとつにしたあと、襦袢のひもを通します)

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

③着物の背の部分を前にします

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

④ひもは抱っこしている腕とは反対の肩にかけます

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

⑤もう一方は肘を通します

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

⑥ひもにお守りを通します。

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

⑦しっかり落ちないように背中側でちょうちょ結びをしましょう

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

⑧最後に赤ちゃんの顔と前掛けがしっかり出るように着物を調節し、完成です!

お宮参の産着

© 2015 every, Inc.

_______

いかがでしたか?赤ちゃんにとって、一生に一度のお宮参り。そのときに着る、思い出につながるであろう「産着」。きちんと着せて、すてきなお宮参りの思い出にしてくださいね。