幼稚園の説明会の内容は?服装選びのポイントもご紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
幼稚園の説明会の内容は?服装選びのポイントもご紹介

幼稚園の説明会の内容は?服装選びのポイントもご紹介

幼稚園の説明会ってどんなことをするのか気になりますよね。中でも最初に気になるものが「服装」だと思います。服装は第一印象なので気をつけたいけれど、何を着て行ったらよいかわからない方に、服装の選び方などを含めご紹介します。
幼稚園の説明会ってどんなことをするのか気になりますよね。中でも最初に気になるものが「服装」だと思います。服装は第一印象なので気をつけたいけれど、何を着て行ったらよいかわからない方に、服装の選び方などを含めご紹介します。

幼稚園の説明会の内容は?

幼稚園の説明会は地域や各園によって異なりますが、初夏〜秋の間に1〜3回ほど入園希望者に向けて実施されています。開催日時は、お住いの市区町村役場でもらえる各園のパンフレットに掲載されているほか、各園のHPで告知されます。参加を希望する方は見逃さないようにしましょう。

不安であれば、直接園に電話して聞いてみるのもよいです。

説明会に行かなかったからといって、入園はできなくなるということはありません。しかし、受験がある幼稚園などは条件が細かく決まっている園もあります。今回は応募条件のない幼稚園についてご紹介します。

一般的な幼稚園説明会の内容・所要時間

幼稚園の説明会ではまず、園長先生から園の方針や教育理念などの説明があります。

そのあと、職員の先生から1日の流れや幼稚園が実施しているサービス、費用など施設全体の説明があります。園からの説明が終わったあとに、質疑応答の時間になるというのが一般的な流れです。

所要時間は園によって異なりますが、最短でも1時間はかかることが多いようです。事前に説明会の案内を確認し、当日は余裕を持ったスケジュールにしておくことをおすすめします。

説明会に持参していくものはある?

必ず持参したいもの

  • メモ帳
  • 筆記用具
  • 室内用のスリッパ
  • 外靴を入れる袋

資料にはない説明や質疑応答で必要だと思ったことを書き留めておくために、筆記用具を持参しましょう。

また、説明会にはたくさんの親子が参加することが予想されますので、履き物の管理を各自に任せる園が多いです。スリッパと合わせて、外履きを入れる袋を準備しておくとよいでしょう。

あると便利なもの

  • 音の出ないおもちゃ
  • 飲料
  • A4サイズの用紙が入るかばん

子どもを連れて行く場合は、説明会中に子どもが飽きてしまうことも。キッズスペースを用意してくれる園もありますが、同席の場合は周りに迷惑をかけず、子どもが集中できる音の出ないおもちゃや塗り絵を用意しておくのがおすすめです。長時間になった場合に備え、飲料もあるとよいですよね。

大きなかばんは、靴をしまうのと当日配布された資料を入れるのにおすすめです。

子連れで行ける?ベビーカーは持って行ってよい?

園によって様々です。説明会の案内に記載されているので、確認した上で参加しましょう。

しかし子連れOKの園でも、キッズスペースが用意されていない場合は説明会中にどうしても子どもたちが遊びだしてしまう可能性も。特に下に月齢の低いきょうだいがいる場合は、いつもと違う環境に驚き泣き続けたり、感染症などが心配されたりするため事前に預け先を確保しておくと安心です。

ベビーカーに子どもを乗せて行こうと考えているママは、ベビーカー持ち込み禁止の記載がないか説明会の案内を確認する必要があります。

実際に説明会に参加したことのあるママに聞いたところ、ベビーカーは入り口に置くことが多いので、低月齢の子どもを連れて行く場合は抱っこ紐やおんぶ紐の方がおすすめという意見が聞かれました。園内に入るときに下ろす手間などを考えても、ベビーカーは家に置いて行くのが無難かもしれません。

どんな服装のママ・パパが多い?カジュアルで大丈夫?

幼稚園の先生に聞いてみた!説明会のママパパの服装は?

  • 幼稚園教諭2年 Y先生

普段通りのTシャツにジーンズで来るママパパと、スーツで来るママパパの割合は半々です。ママはパンツスタイルが多い印象です。

露出が少なめで、派手ではない格好なら何でもよいと思います。

  • 幼稚園教諭4年 M先生

説明会に来るママパパは普段通りの格好が多いです。

ママはジーンズやロングスカートにブラウスやTシャツ、パパはジーンズやチノパンにTシャツや襟付きのシャツを着ている方が多かったです。派手な格好をしなければ、先生たちは特に何も思いませんよ。

説明会におすすめの服装

一般的な幼稚園の説明会に行くママパパへ、おすすめの服装をご紹介します。

悩んでいるママにおすすめの服装

足首に向かって細くなっていく作りのパンツで、産後の体型が気になる場合もカバーしてくれます。

膝下まであるプリーツスカートが縦ラインをきれいにみせてくれくれます。ブラウスではなく、カジュアルなボーダーのトップスを合わせることで気取らない雰囲気を演出してくれます。

オールブラックで合わせるよりも、肌の色に近いアイテムを使うことで柔らかい印象になります。ワイドパンツは、下半身が気になる場合も着られるので1枚持っていれば普段使いにも応用できそうです。

よく知っている近所の園へ行くママにおすすめの服装

ゆるく着ているけれど、締まって見えるモノトーンのコーディネート。色の組み合わせを考えなくてよいので楽なのに、まとまって見せてくれる服装です。

肌の色に近いベージュのストレートジーンズを使った、親しみやすいコーディネートです。ジーンズは色褪せたものやダメージの入っていないものを選び、無地のトップスを合わせればきれいにまとまります。

妊婦さんにおすすめの服装

縦にラインの入ったリブ素材を使ったマタニティレギンスは、お腹周りを考えた作りになっているので長時間でも無理なく着られるアイテム。シャツワンピースを使えばシルエットもきれいに見えます。

トップスはふわっと着られるものを選び、パンツに濃い色のものを持ってくればお腹があまり目立たず、すらっとした印象にしてくれます。

パパにおすすめの服装

シャツにスキニージーンズのような、ピタッとしすぎないボトムスを合わせると無難です。襟付きのシャツなら、無地でも少し柄の入ったものでもきちんとした印象に。

チノパンを使ってシックな色合いでまとめれば、カジュアル過ぎずスマートな印象に。

  • パパの服装アドバイス

ジーンズを履く場合は、ダメージが過度に入っているものは避けた方が無難でしょう。また、派手なプリントが入ったものも避けましょう。

_______

今回は幼稚園の説明会について内容、様子、おすすめの服装をご紹介しました。

服装は地域によっても基準が変わりますので、その地域に合った服を着ていきましょう。子どもを連れていく場合は、いつも通りの動きやすい格好で問題ありません。

将来お世話になる幼稚園になるかもしれないので、あまり堅くならずしっかり園の情報収集ができるとよいですね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当