母子健康手帳の入手方法と内容 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
母子健康手帳をもらおう

母子健康手帳の入手方法と内容

妊娠が確定したら、各自治体の役所へ行き、妊娠届を提出します。そうすると、その場で母子健康手帳をもらえます。母子健康手帳は、子どもの成長と健康において、とても大切な情報になります。小学校入学のころまで使うものなので、長く大切に保管しましょう。
妊娠が確定したら、各自治体の役所へ行き、妊娠届を提出します。そうすると、その場で母子健康手帳をもらえます。母子健康手帳は、子どもの成長と健康において、とても大切な情報になります。小学校入学のころまで使うものなので、長く大切に保管しましょう。

妊娠が確認できたら各市区町村の役所でもらう

 母子健康手帳は、各自治体の役所に妊娠届を提出することで交付されます。これは1965年に制定された「母子保健法」という法律に基づいており、それ以前にも「妊産婦手帳」や「乳幼児体力手帳」などという名称で存在し母子の健康を支えてきました。母子健康手帳には、妊娠期から乳幼児期までの、健康に関する大切な情報がすべて記載されているので、妊娠がわかったら必ず所持しましょう。交付時に自治体主催の両親学級などへの案内をもらえることもあります。

 母子健康手帳は、省令様式と任意様式のふたつで構成されています。省令様式は、厚生労働省令において定められた様式で、全国共通の内容です。主な内容は、妊娠期の健診や乳幼児期の健康診査の記録、予防接種の記録などです。もうひとつの任意様式は、厚生労働省の作成例をもとに各自治体が独自の内容にできるものです。日常生活や子育て中における注意事項や、妊娠中と産後の食事ガイドなどが主な内容です。

 また、母子健康手帳には妊娠中や出生時などの自分の気持ちを記録できる欄があります。妊娠期や出産直後は、誰でも気持ちが不安定になるものです。気になることは記録して快適なマタニティライフを。

母子手帳は大切に保管する

 母子健康手帳は、妊娠が確定した8~12週にもらい、妊娠中、出産してからはもちろん、子どもが小学校へ入学するくらいまで長く使います。乳幼児期は、とくに予防接種が多いため、大切に保管して何を受けて何を受けていないかがはっきりとわかるようにしましょう。

 また、産休前に会社に母子健康手帳のコピーを提出する、小学校での健康診断で母子健康手帳の記録を参考にする、といったこともあります。したがって、妊娠中だけでなく、長期的に保管しておくのがよいでしょう。万が一、紛失しても再交付してもらえます。

 それ以外にも、母子健康手帳には妊娠中の経過や出産時、そして成長の記録などが記載されるので、ひと目で子どもの成長を実感できます。見返せれば、かけがえのない思い出となります。

 また、妊娠中は母子健康手帳を常に携帯することが求められます。定期健診時はもちろん、そのほかの検査や母親学級、そして歯科治療のときにも持参し、医師などに記録してもらいます。また、妊娠中はいつどんなアクシデントが起こるかわかりません。母子健康手帳には、緊急時の応急処置の方法などが記載されているので、どんな短い外出のときにも携帯することをおすすめします。

母子健康手帳の中身の一部

母子健康手帳の中身の一部

  • 妊娠週数…検診時の妊娠週数。
  • 子宮底長…恥骨の上から子宮の最上部までの長さのこと。
  • 腹囲…お腹の周囲の長さ。
  • 血圧…毎回安静時に計測する。
  • 浮腫…むくみのこと。足のすねを指で押して、へこんだ部分の戻りが遅いと、むくんでいることになる。
  • 尿蛋白…尿にたんぱく質が出ているかを調べる。「+」以上が連続すると妊娠高血圧症候群の可能性がある。
  • 尿糖…尿に糖が出ていないかを調べる検査。糖が連続して出ると妊娠糖尿病の可能性がある。
  • その他の検査…貧血の血液検査のほか、赤ちゃんの胎位や心音なども記入される。
  • 特記事項…ママへの治療や投薬など。「体重増加注意」などの注意事項も記載される。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当