おすすめのチャイルドシート5選!安全な使い方、知ってますか? | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
おすすめのチャイルドシート5選!安全な使い方、知ってますか?

おすすめのチャイルドシート5選!安全な使い方、知ってますか?

6歳未満の子どもが車に乗る際は、チャイルドシートの使用が義務づけられているのをご存知ですか?子どもとの安全なドライブのために、チャイルドシート選びで気を付けたいポイントや使用するうえでの注意点を解説していきます。あわせておすすめのチャイルドシートも紹介します。
6歳未満の子どもが車に乗る際は、チャイルドシートの使用が義務づけられているのをご存知ですか?子どもとの安全なドライブのために、チャイルドシート選びで気を付けたいポイントや使用するうえでの注意点を解説していきます。あわせておすすめのチャイルドシートも紹介します。

チャイルドシートとは

チャイルドシートは、シートベルトを正しく着用できない子どもが着用する固定タイプの座席です。

なぜチャイルドシートが必要なの?

自動車乗車中の幼児死亡事故でチャイルドシートを使っていなかったケースでは、使用していた事例に比べて死亡重傷率が約2.1倍になるというデータがあります。

いつからいつまで必要なの?

道路交通法では、6歳未満の使用を義務づけています(道路交通法第71条の3第3項)。6歳を過ぎても、11歳前ぐらいまでは「ジュニアシート」を使いましょう。

どんな種類があるの?

チャイルドシートの固定方法は、ISOFIX式とシートベルト式に分かれます。ISOFIX式は対応車種にしか取り付けられませんが、誰でも簡単に固定できます。

チャイルドシートの正しい使い方は?

気をつけるポイントは?

安全確保のためには腰、肩、股の全ての幼児ベルトを着用し、正しい姿勢で座りましょう。また、可動部に手などを挟まないように気を配る必要もあります。

助手席での使用はNG?

法的には助手席で使用しても問題ありませんが、安全のためにはできるだけ後部座席に取り付けるようにしましょう。とくにエアバック装備車は、開いたエアバッグに弾き飛ばされる可能性があるので、絶対に助手席での使用は避けましょう。

年齢別チャイルドシートの選び方

新生児〜

まだ首が座っていないので、必ず乳児用や新生児用を選びましょう。

1歳〜4歳

首がすわって座れるようになったら、前向きシートとして使う「幼児用」を選びます。

4歳〜10歳

座面を上げたり、腰ベルトの位置を合わせたりすることで、大人用のベルトを使えるようにするタイプを選びます。

おすすめチャイルドシート5選

ここからは、おすすめのチャイルドシートを5つご紹介します。なお、チャイルドシートはレンタルで利用することもできるので、利用頻度が少ない方はレンタルも検討してみてくださいね。

新生児〜

0歳から4歳児向けの商品です。後ろ向きに使うシートタイプと、横向きにするベッドタイプがあります。快適性もあわせてチェックしてみてください。

チャイルドガード1.0(Joyson Safety Systems)

安心と安全を追求したチャイルドシートです。快適に使えるリクライニング機能や低重心設計が特徴となっています。固定方式はISOFIX式なので、力が弱い方でも簡単に取り付けることができます。

クルリラAC(アップリカ)

「まもーるクッション」が赤ちゃんの自然な姿勢をキープし、シートが赤ちゃんの体を包み込むようにして守ります。なお、固定方式はISOFIXに対応しているので、取り付けに大きな力を必要としません。手軽にチャイルドシートを取り付けたいという方にもおすすめの商品です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アップリカ クルリラAC チャイルドシート
価格:44000円(税別、送料別)(2021/3/20時点)

楽天で購入

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

アップリカ クルリラAC チャイルドシート
価格:44000円(税別、送料別)(2021/3/20時点)

楽天で購入

1歳〜4歳

幼児用の商品です。蒸れを防止する素材を使うなど、快適さを重視する商品も目立ちます。

トラベルベスト ECプラス ブラックボーダー(日本育児)

赤ちゃんが快適に座れる多彩な工夫が施されています。大きなヘッドレストも付属しています。背面にはメッシュ素材が採用されているので、長い時間チャイルドシートに座った場合の背中の蒸れも防止してくれます。

スイングムーン プレミアム(エールベベ)

通気性の高いホールドクッションを採用しているので、快適な使用感を実現しています。幼児期の体もしっかり守るチャイルドシートです。なお、固定方式はシートベルト専用となっています。

4歳〜10歳

成長に合わせて使うタイプ。ジュニアシートとも呼ばれます。

11歳ごろまで使える商品もあります。

ジョイキッズ ムーバー エッグショック(コンビ)

超・衝撃吸収素材が、やわらかい子どもの頭をしっかりと守ります。成長に合わせてシートを調整することができるのも特徴です。3歳から11歳ごろまで長く利用できる点もこの商品の大きなメリットとなっていますので、6歳以降もチャイルドシートを使いたいという方にも適しています。

_______

チャイルドシートの正しい使い方と選び方がわかれば、万が一の事態が発生してしまった場合でも子どもの安全を確保できる可能性が高まります。6歳未満はチャイルドシートの着用が定められていますが、11歳ぐらいまでは子どもの成長に合った商品を使って子どもの安全を確保するようにしてください。

今回ご紹介した年齢別チャイルドシートの選び方やおすすめ商品を参考にして、子どもが安心できる快適なドライブを楽しみましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当