きほんの離乳食 青魚−あじ−(生後9〜11か月頃から) | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

きほんの離乳食 青魚−あじ−(生後9〜11か月頃から)

はじめての青魚にはあじがおすすめ!
サバよりも脂質が少なくイワシよりも骨が少なくて調理しやすいです。
青魚には脳や神経に働くDHAがたくさん含まれています。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

きほんの離乳食 青魚−あじ−(生後9〜11か月頃から)

はじめての青魚にはあじがおすすめ!
サバよりも脂質が少なくイワシよりも骨が少なくて調理しやすいです。
青魚には脳や神経に働くDHAがたくさん含まれています。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

材料(作りやすい分量)

  • あじ 適量(1食分は約15g)(骨や皮が取り除かれている刺身または3枚卸のものがおすすめ)
  • とろみの素 水またはだし汁50mlと片栗粉小さじ1を混ぜる。

作り方

  1. 沸騰したお湯で中まで火が通るまで約3〜5分茹で、ザルにあげる。(刺し身の場合は約2〜3分茹でる)
  2. 3枚卸のものは、皮を取り除き、身の中央部にある骨を取り除く。
  3. 食べやすい大きさにフォークなどでほぐす。
  4. 耐熱容器にとろみの素を入れて混ぜ、600wのレンジで約20〜30秒加熱し、ダマができないようによくかき混ぜる。(とろみがゆるい場合は様子をみながら透明になるまで10秒ずつ加熱しよく混ぜる)
  5. とろみのもとで子どもに合わせたとろみを付ける。

※冷凍保存する場合は、とろみを付ける前のものを離乳食用の小分けパックに入れたり、ラップで小分けに包んで冷凍保存用フリーザーバッグに入れて冷凍保存する。

対象

カミカミ期(生後9〜11か月頃)から召し上がっていただけます。
※形態は子どもの月齢に合わせて調節してください。

※鮮度の悪い青魚にはアレルギー成分である「ヒスタミン」が形成されていることがあるので、新鮮なものを使用しましょう。
※アレルギーに注意し、少量ずつ慎重にはじめてみてください。

保存する場合の注意点

  • 冷蔵保存:当日中に食べきる。食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱する。
  • 冷凍保存:1週間以内を目安に食べきる。食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱する。

(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。 匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)

注意事項

  • 作った離乳食は常温のまま長時間放置しないでください。雑菌が増える原因になります。
  • 清潔な保存容器を使用してください。
  • 解凍した離乳食の再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。

アレルギーについての注意点

 レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

 必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

(▼料理を楽しむにあたって https://corp.every.tv/cooking_notes