お食い初めは何をするの?服装や用意するものをご紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
お食い初めは何をするの?服装や用意するものをご紹介

お食い初めは何をするの?服装や用意するものをご紹介

子どもの生後100日〜120日前後に行う行事、お食い初め。行事があることは知っているけど、実際何をすればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。今回はお食い初めについて、行事の意味や適切な服装についてご紹介します。
子どもの生後100日〜120日前後に行う行事、お食い初め。行事があることは知っているけど、実際何をすればいいのかわからない方も多いのではないでしょうか。今回はお食い初めについて、行事の意味や適切な服装についてご紹介します。

お食い初めとは?

子どもの生後100〜120日頃に、わが子の健やかな成長を願うとともに、無事に育っていることを神様に感謝する意味を込めて、お祝いの食事をする日本古来の伝統行事です。

また、生後100日頃の赤ちゃんは歯が生え始める時期でもあるので、お祝いで用意した豪華な食事を食べさせるまねをして、「一生食べ物に困らないように」という意味も込められています。

行儀の呼び方は地域によって様々であり、「百日祝い(ももかいわい)」「お箸初め」などとも呼ばれます。

時期は赤ちゃんやママの体調を考慮して多少ずらしても問題なく、100日や110日などキリのよい日や大安・吉日を選んで行うことが多いようです。

お祝いには、子どもの親や祖父母などの親近者が出席します。友人などを招待してもよいですが、この頃の赤ちゃんは体調を崩しやすく行事を延期することもあるので、日程を変更しても気後れのしない親しい間柄に留めておくことをおすすめします。

お食い初めで用意するもの

料理と歯固め石

【料理】

  • 赤飯
  • お吸い物
  • 煮物
  • 香の物

和食の基本である一汁三菜をベースとして、穀物に加えてて汁物、野菜、魚介をバランスよく組み合わせます。地域によって違いがみられる場合もありますが、基本的にはこの5点を用意します。

【歯固め石】

「石のように丈夫な歯が生えてくるように」という願いを込める「歯固めの儀」を行うために、なるべく角のない丸い石を用意します。

石は河原で拾ってくるほかに、お宮参りに行った際に神社にお願いして借りるケースもあるようです。使用前には、必ず石を洗うようにしましょう。

衛生面が気になる場合は、市販のものにするなど家族で相談して用意しましょう。

食器

お食い初めの正式な食器は、漆塗りまたは素焼きのものです。

地域によりますが、色は子どもの性別によって異なり、男の子は内側も外側も朱塗りのもの、女の子は内側が朱塗りで外側が黒塗りものを使用することが多いようです。

最近は正式な食器を揃えず家にある食器で代用したり、お食い初め用に100円均一で買い揃えたりとカジュアルな食器でお祝いをする家庭も増えてきているようです。

お祝いの気持ちを大切にしながら、家庭に合わせたスタイルで行うのもよいですね。

お箸は、柳の木で作られた、先端が細くなっている「祝い箸」を用意します。子どもの今後を願い食べまねをさせるときに使うものなので、縁起が良いものを選びましょう。

「お食い初め」の席に呼ばれたときのお祝いの品

お食い初めに出席する場合はお祝い金やプレゼントを用意するケースも多く、相場は5,000〜10,000円程度です。

プレゼントを用意する場合は、子ども用の食器や洋服など、子育てに必要なものが喜ばれるようです。

お祝いの品をもらった場合のお返しは基本的に不要なようですが、感謝の気持ちを伝えるお菓子やみんなで撮った写真などを送ると喜んでもらえるのではないでしょうか。

服装

大人はスーツや着物などフォーマルな服装、主役である子どもは色付きの小袖や着物などの和装が正式とされていますが、近年では昔ほどの正装をする家庭は少なくなってきています。

お店で行う場合はフォーマルスタイルが望ましいですが、自宅で行う場合は楽な服装を選ぶ家庭もあります。

以下に自宅で行う場合のおすすめスタイルをご紹介します。

【ママ・祖母】

ワンピースやブラウスなど、カジュアルになりすぎない服を選びましょう。

授乳中の場合は、授乳口付きのワンピースや授乳ケープを持っておくと安心です。

【パパ・祖父】

ジャケットやスーツの着用がおすすめです。

【お祝いされる子ども】

お宮参りのときに使用したセレモニードレスやお食い初め用の和装にすると華やかになります。

ベビー服でも問題はありません。ドレス風や袴風のロンパースなど着脱のしやすい服を用意しておき、ぐずったときに着替えさせられるとよいかもしれません。

【子どものきょうだい】

大人や主役の子どものスタイル(和装・洋装)に合わせて、服装を選ぶとまとまります。

【叔父叔母】

主催する家庭に合わせることが大切です。どのような服装をするのか事前に確認して、服装を選びましょう。

服装に決まりはありませんが、普段より少しフォーマルな服装で特別な時間を過ごしてみてはいかがでしょう。

お食い初めの手順

お食い初めで食べるまねをさせる人は「養い親」と呼ばれ、出席者の中で一番長生きをしている人を指します。祖父母が出席していれば、一番長寿の人が行いますが、両親と子どもの場合でも両親のどちらかが養い親となって、食べさせるまねをすれば問題ありません。

一番の長生きをしている人が行う理由は、その人の長寿にあやかり長生きするという意味が込められているからです。

食べまねには順番があります。一例として順番をご紹介します。

お食い初め順序

© 2015 every, Inc.

ご飯をはさみ、それぞれ順番に回していくというイメージです。最後はご飯→お吸い物で終えるようにします。歯固め石を間に挟まず、最後に行う習慣があるところもあるようです。歯固めの儀は地域によって、石ではなくタコや碁石を用意するところもあるようです。

地域の習慣で迷うことがあれば、経験したことのある人に聞いてみましょう。

「百日祝い」とも言われるお食い初めは、生後100〜120日前後に行う日本古来の伝統行事です。
これからの健やかな成長と、歯が生えてくる時期でもあることから一生食べ物に困らないようにと願って食べ物を食べさせる真似の儀式を行います。

_______

お食い初めは、子どもの誕生を感謝しこれからの健やかな成長を願う大切な行事。

大切なのは子どもをお祝いする気持ちです。各家庭でやり方は違うかもしれませんが、子どもと両親にとって特別な時間を過ごせるとよいですね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

お気に入り

関連する記事