どうにかしたいおむつの臭い!おむつ用のゴミ箱ってどうなの?人気のゴミ箱5選 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
どうにかしたいおむつの臭い!おむつ用のゴミ箱ってどうなの?人気のゴミ箱5選

どうにかしたいおむつの臭い!おむつ用のゴミ箱ってどうなの?人気のゴミ箱5選

赤ちゃんのおむつ替えのたびに、使用済みのおむつの臭いが気になることはありませんか?また、普通のゴミ箱にそのまま入れるのも、衛生面が気になりますよね。今回は、おむつ専用のゴミ箱を使用するメリットや、その選定方法、おすすめ商品まで詳しくご紹介します。
赤ちゃんのおむつ替えのたびに、使用済みのおむつの臭いが気になることはありませんか?また、普通のゴミ箱にそのまま入れるのも、衛生面が気になりますよね。今回は、おむつ専用のゴミ箱を使用するメリットや、その選定方法、おすすめ商品まで詳しくご紹介します。

おむつ専用ゴミ箱とは

生まれて間もない赤ちゃんは、1日に何度もおしっこやうんちをするため、頻回におむつ替えをしなければなりません。使用済みのおむつを処分する方法は自治体によって異なりますが、ゴミの収集日までの間は自宅で保管しておく必要があります。

おしっこやうんちが付いたおむつを普通のゴミ箱に入れておくのは衛生面で気になりますし、フタつきの別容器に入れておいても漏れ出てくる臭いが気になります。

そんな使用済みおむつの悩みを解決してくれるのがおむつ専用ゴミ箱です。

おむつ専用のゴミ箱があることのメリット

おむつ専用のゴミ箱は、中が二層三層構造になっていたり、密閉可能なフタがついていたりと、ゴミ箱の外に臭いが漏れないための工夫がたくさん凝らされています。

そのため、リビングや寝室など赤ちゃんが過ごすメインの環境に置いても嫌な臭いがすることなく、快適に過ごせます。

特に夏の暑い時期には、ゴミ箱の中で使用済みおむつが蒸れ、ひどく臭うことがあります。しっかりと密閉できるおむつ専用ゴミ箱であれば、ゴミ箱を開けた時の嫌な臭いも気にすることなく過ごすことができますよ。

普通のゴミ箱との違い

おむつ専用ゴミ箱は、普通のゴミ箱と比べ臭いの漏れを軽減する対策がされています。たとえば内側に防臭対策がされていたり、一つ一つおむつを密閉する機能がついているものもあります。

おむつ専用のゴミ箱のデメリット

使用済みおむつの臭いが気になる人にとってはメリットがたくさんあり、大活躍してくれそうなおむつ専用ゴミ箱ですが、おむつ専用ゴミ箱を使用するデメリットはあるのでしょうか。

しいていえば、普通のゴミ箱とおむつ専用ゴミ箱の2つを置く必要があることでしょう。置き場所やゴミを回収する手間は増えるかもしれませんが、おむつの強烈なにおいから解放されることを思えば、そのデメリットは少ないといえそうです。

どんなタイプがあるの?

中に入れる袋の違いによって、おむつ専用ゴミ箱はおもに2つの種類に分類できます。

  • 専用カートリッジが必要なタイプ
  • 市販のゴミ袋が使用できるタイプ

防臭効果が高いのは、そのゴミ箱専用のカートリッジが必要なタイプです。デメリットとしては、カートリッジを交換するためのランニングコストがかかってきます。

一方で市販のゴミ袋が使用できるタイプは、ランニングコストは気になりませんが、カートリッジ使用タイプと比べると防臭効果では劣るものもあるといえそうです。

防臭効果とコスト面とをよく比較し、それぞれの家庭に合った商品を選ぶと良いでしょう。

おむつ用ゴミ箱の使い方

ゴミ箱の種類により多少の使用方法の違いはありますが、そのほとんどがわずらわしい手間をなくし、簡単に使用できるように工夫されています。

忙しい育児の合間でもカートリッジ交換やゴミ捨てが手間にならないおむつ用ゴミ箱が多数ありますので、使い方は簡単であるといえそうです。

おむつ用ゴミ箱の選び方

おむつ専用のゴミ箱に期待するのは、もちろん消臭効果ですよね。専用カートリッジを使用するタイプのゴミ箱は、防臭効果は抜群ですが、その分維持費もかかってしまうというデメリットがあるということを前述しました。

ですので、おむつ専用のゴミ箱を選択するときは、これから説明する3つのポイントを押さえたうえで購入すると良いでしょう。

  • 消臭効果(いかに臭い漏れを防げるか)
  • ランニングコスト(維持費がかからないか)
  • 容量(おむつの入る枚数)

以上の3つのポイントに着目して、それぞれのポイントを詳しく説明していきます。

防臭力がすごい!専用カートリッジタイプ

専用のカートリッジを使用するタイプのおむつ専用ゴミ箱は、防臭性抗菌性にすぐれ、臭い漏れを防ぐ効果も抜群です。専用カートリッジのセットも簡単で利便性にすぐれたものが多いです。

機能性にすぐれている一方、ランニングコストは大体おむつ150枚当たり1,000円程。価格面より機能面を重視させたい方におすすめのタイプです。

コスト面で優秀な市販のゴミ袋を使用するタイプ

市販のゴミ袋が使用できるタイプのゴミ箱は、専用カートリッジタイプと比べてコストを気にせず使用できます。臭いが漏れにくいようフタが二層構造になっていたり、密閉できるようになっていたりするものがありますが、どうしても多少の臭い漏れの可能性はあります。

多少の臭い漏れよりコストを重視させたい方におすすめのゴミ箱だといえそうです。

人気のおむつ専用ゴミ箱5選

それではおすすめのおむつ専用ゴミ箱を詳しくみていきましょう。

5層防臭おむつポット スマートポイ(コンビ)

99%の抗菌力を持つ5層の防臭フィルムが、おむつの臭いを強力に封じ込めてくれます。使用方法もとても簡単で、使用済みのおむつを、フタの内側に押し込むだけで、臭い漏れを強力に防ぐことができます。

1つのカートリッジで、約180枚分のおむつに対応できます。置き場所をとらないゴミ箱がほしい方におすすめの商品です。

ニオイポイ 強力消臭おむつポット(アップリカ)

強力な消臭・抗菌成分”ケスクリーンα”が配合されているので、消臭作用はもちろんのこと、高い防臭・抗菌効果を期待できる商品です。

ワンプッシュで簡単にフタを開けるので、赤ちゃんを抱いたままでも使いやすく、大変便利です。

おむつを捨てる方法もフタを開けておむつを中に押し込むだけと大変簡単ですし、ポットがいっぱいになれば、内部の袋をカットして捨てるだけと、処理方法も大変簡単です。寝室やリビングなどに置いても臭わないので、設置場所に困らずに使えるゴミ箱です。

Color Korbell おむつポット(日本育児)

フタが2重構造になっているため密閉性が高く、消臭・防臭効果の高いゴミ箱です。内側のフタにはチャイルドロックが付いていて、やんちゃ盛りの赤ちゃんがいても安心して置いておけます。

また、ゴミ箱下部についているペダルを踏むだけでフタが開くので、片手で簡単に捨てられ便利です。ゴミ箱がおむつでいっぱいになれば、ゴミ袋を引き出してきって結ぶだけで簡単に捨てられます。

おむつ用プッシュペール20L(アスベル)

ゴミ箱の上フタ裏についているパッキンで、おむつの臭い漏れを強力に防いでくれます。上フタは指一本で開けることができるワンプッシュオープン式です。ゴミ箱内部には袋止めが付いているので、ごみ袋がずれてイライラすることもありません。

容量は約20Lと大変大きく、たくさんのおむつを捨てることができます。大容量で経済的なゴミ箱として人気の商品です。

くるっとポン レギュラーサイス(リトルプリンセス)

臭いが漏れにくい構造と素材を採用し、おむつのいやな臭いが漏れるのを防いでくれるゴミ箱です。専用カートリッジも不要で、市販のゴミ袋を使うことができます。

容量は20Lのゴミ袋が入るサイズで、1度にたくさんのおむつを処理することができます。おむつの投入してハンドルを回すだけで、ゴミ箱におむつが落ちていくユニークな構造です。本体は分解して水洗いも可能なので、いつでも清潔に保てることもおすすめポイントです。

_______

毎日たくさんの枚数を処理する必要のあるおむつ。

蒸れたおむつの嫌な臭いから解放され、今よりも快適に赤ちゃんのお世話をするためにもおむつ専用ゴミ箱は役に立ってくれるはずです。

 

ご家庭の状況に合わせて最適なおむつ専用ゴミ箱を選んで、快適な子育てライフを満喫してくださいね。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当