【医師監修】妊娠中お寿司は食べてもいいの?妊娠中にお寿司を控えた方が良い理由とは | MAMADAYS(ママデイズ)
妊婦 お寿司 食べていいの?

【医師監修】妊娠中お寿司は食べてもいいの?妊娠中にお寿司を控えた方が良い理由とは

「妊娠中はなまものはダメって聞いた気がするけど……。どうしてダメなの?少しならいいのかな?」と、どうしてもお寿司が食べたくなる妊娠中のママもいますよね。
今回は、妊娠中にお寿司を控えた方が良いと言われている理由についてご紹介します。
「妊娠中はなまものはダメって聞いた気がするけど……。どうしてダメなの?少しならいいのかな?」と、どうしてもお寿司が食べたくなる妊娠中のママもいますよね。
今回は、妊娠中にお寿司を控えた方が良いと言われている理由についてご紹介します。

生魚には細菌感染や食中毒のリスク

妊娠中は免疫力が低下

妊娠中のママの体は、自分の他にパパの遺伝子を受け継いだ赤ちゃんを「異物」として攻撃しないように、自分自身の抵抗力は抑制しているといわれています。そのため普段より菌やウイルスに抵抗する力が弱くなります。その他妊娠中の体の変化やストレスもあり、ひとたび感染すると重症化しやすくなります。

普段は美味しく食べている寿司や刺身などの生魚も、感染症のリスクはゼロではありません。場合によっては胎児への影響も考えられるため、妊娠中のなまものに関しては避けたほうが良いといわれています。

リステリア菌による胎児への影響

リステリア菌は川の水の中や動物の腸の中など、広い環境に生息している菌です。

感染経路はリステリア菌が付着した食品を食べることによります。

海外ではナチュラルチーズ、生ハム、スモークサーモンなどを原因とした集団食中毒が報告されており、国内でも件数は少ないものの乳製品や食肉加工品などから検出されています。

低温や塩分にも強い菌で、感染すると下痢や嘔吐などの胃腸炎症状や発熱、悪寒、筋肉痛などのインフルエンザのような症状が出ることも。

妊娠中に感染すると流産や早産の原因となることもあり、また新生児にも髄膜炎を引き起こすなどの可能性があります。(厚生労働省検疫所ホームページ、リステリア症の部分)  

厚生労働省の発表では「冷蔵庫に長期間保存され加熱せずにそのまま食べられる食品は原因となり得るため注意が必要」(厚生労働省 リステリアによる食中毒) とされています。

アニサキス症により胃カメラが必要になることも

アニサキスとは寄生虫の一種です。その幼虫の見た目は白い太い糸の様で長さは2〜3cmほど。サバ、アジ、サンマ、カツオ、イワシ、サケ、イカなどの魚介類の内臓表面に寄生していることがあります。アニサキスが付着した魚介類が死亡すると、幼虫は内臓から筋肉に移動します。

アニサキス幼虫が寄生した生魚を食べて数時間後に激しいお腹の痛み、気持ち悪さが現れるのがアニサキス症です。じんましんや咳、息苦しさなどのアニサキスアレルギーといった症状が出ることもあります。

アニサキスに対しての治療法は主に内視鏡で取り出すこと。つまり胃カメラで直接つまんで取り出すことが必要となります。

妊娠中に胃カメラができないわけではありません。ただし、産婦人科と消化器内科の医師が勤務する施設に限られます。

魚に含まれる水銀の胎児への影響

一部の大型の魚の中には水銀が含まれているものも

水銀は地球上に多く存在しているものです。

日頃私たちが摂取する水銀の多くはメチル水銀といって、魚介類を食べることで体の中に入っています。ただ全ての魚介類が水銀を多く含んでいるわけではありません。

食物連鎖の上位にいる大型の寿命の長い魚に関しては、妊娠中、食べ過ぎることのない様にその量や頻度など注意を促されています。

メチル水銀は食品とともに摂取したあと、腸から吸収され、血液に入り全身に移動します。一部は尿や便として体の外に出ますが、一部は脳や脊髄に影響することが知られています。

妊娠中に注意が促されている理由としては、胎盤を通じて胎児へと移行し影響が出る可能性があるためです。胎児の脳は成長し発達していく時期にあり、この時期に過剰なメチル水銀を摂取すると発達に影響を与える可能性があります。

とはいえ、厚生労働省のパンフレットでは「食べる量の目安よりもとても多く食べ続けた場合に限りますが、例えば生まれてから、音を聞いた場合の反応が1/1000秒以下のレベルで遅れる可能性があることが言われています」(厚生労働省 これからママになるあなたへ) と表記。あるとしても社会生活に大きな影響を与えるものではないとされているため、毎日、水銀が多いとされている魚を異常に食べ過ぎない限りは大きな影響はないといわれています。また授乳中、母乳からの乳児の水銀摂取量は低いとされています。

水銀を多く含む魚の例

厚生労働省によるとキンメダイ、メカジキ、クロマグロ、メバチ(メバチマグロ)、エッチュウバイガイ、ツチクジラ、マッコウクジラは1回約80gとして妊婦は週に1回までとされています(1週間当たり80g程度)。

キダイ、マカジキ、ユメカサゴ、ミナミマグロ、ヨシキリザメ、イシイルカ、クロムツは1回約80gとして妊婦は週に2回まで(1週間当たり160g程度)となっています。

※約80gは刺身1人前、切り身1切れに相当します。

魚は食べてはいけないの?

「なんだか面倒だし魚は食べなくても……」と、これまでの情報を見ると不安になってしまいますよね。しかし、キハダ、ビンナガ、メジマグロ、ツナ缶、サケ、アジ、サバ、イワシ、サンマ、タイ、ブリ、カツオといった魚は水銀に関して特には注意が必要ではないとされています。しっかり加熱すれば妊婦さんが摂取するメリットはたくさんあります。過度に魚を取り除く必要はありません。

例えば、魚には良質なタンパク質が多く含まれています。そして、魚に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)やEPA(エイコサペンタエン酸)は、胎児の脳の発育に重要な栄養素とされています。(日本生協連安全政策推進室 Q9「魚介類自体の摂取を減らした方がいいということはないですか?」) また悪玉コレステロール値(LDL)を低下させ、脳梗塞や心筋梗塞などの予防にもよいとされています。

一部の魚に含まれるビタミンAの摂りすぎに注意

ビタミンAを摂り過ぎると?

魚の中にはビタミンAを多く含むものもあります。ビタミンAは脂溶性ビタミンといい、皮膚や粘膜の働きを助けたり、目の健康を助ける栄養素です。水溶性ビタミンとちがって尿から排出しにくい特徴があります。そのため、過剰に摂取しても私たちの健康に影響を及ぼします。

ビタミンAには動物由来、植物由来の2種類があります。

特に気をつけたいのは動物由来のビタミンA(レチノール)の妊娠初期の過剰摂取です。妊娠初期に赤ちゃんの奇形を引き起こすリスクがあるので、必要以上に摂らないことが推奨されています。次の章でビタミンAを多く含む魚介類や、適量についてもご紹介します。

ビタミンAを多く含むネタは?

特に注意したいのは、うなぎです。その他ホタルイカ、アナゴも他のネタに比べるとビタミンAが多く含まれています。

ちなみに、緑黄色野菜からもβカロテンとしてビタミンAを摂取することができますが、こちらは体に必要なときのみビタミンAに変換されます。(食品安全委員会「ビタミンAの過剰摂取による影響」)  

どのくらいなら食べてもいいの?

年齢差もありますが、妊娠中のビタミンAの推奨量は650〜700μg/日となっています。(日本人の食事摂取基準2015年版)

うなぎの蒲焼きでは100gのうち1500μgのビタミンAであるレチノールが含まれており、

1日40〜50g(一般的な蒲焼きの半分量程度)を食べるのが適量といえそうです。

また、お寿司以外にも意図せずビタミンAを取り過ぎてしまう例もあります。妊娠初期の葉酸の摂取を目的として、マルチビタミン製品を飲んでいる場合には注意が必要です。

それでもやっぱりお寿司が食べたい

加熱した食材を選ぶ

これまで妊娠中にお寿司を食べた際のリスクについてお伝えしました。

それでもやはりお寿司が食べたくなってしまったら、加熱した食材を選ぶようにしましょう。

知らずに食べてしまったら

「お寿司を食べてしまっていた」と不安になった方もいるかもしれません。しかし、食中毒などの症状が見られず、現在も体調不良に問題がなければ必要以上に不安になりストレスを溜めないようにしましょう。

不安に思うときは、健診時など医師に相談しておきましょう。

こんなときはどうしたら?

お呼ばれのときにお寿司やなまものを断ってもいい?

妊娠中のママが結婚式や、親戚の集まりなどに呼ばれることも少なくありません。

結婚式では招待状であらかじめ、アレルギーなどの体に合わない食材を記載できる欄があります。式場、主催者側からの万が一のことがないようにとの配慮ですので、「なまものを控えていること」など遠慮せずに書いておくとよいでしょう。

メニューにお寿司が出て来てしまったら?

安定期に入る前は周囲に妊娠を伝えていないママも多いはず。

また妊娠中のママには、お寿司や刺身などのなまものにリスクがあることを知らない人もいますよね。

仕事や親戚での集まりなど、会食のメニューに出てきてしまう事もあるかもしれません。無理に食べて後悔することのないようにしましょう。

仲の良い間柄であれば、妊娠したことを報告し控えていることを伝えるとよいですね。そうでない場合は、体調などを理由にお断りするママもいるようです。無事妊娠を報告できるようになった段階で、あらためてなまものを控えていることを伝えられると良いですね。

_______

妊娠中のお寿司を控えた方が良い理由についてお伝えしました。

普段より衛生面に注意し、感染症には注意しましょう。妊娠中はなまものを控えた方が安心です。また過剰に摂取せずバランスよくとった方が良い食品もあります。

妊娠中はわからないことが多く、不安も大きくなりがちです。気になることは医師や助産師に相談し、必要以上にストレスを溜めないようにしましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

関連する記事

関連する記事