妊娠中のつわりの乗り切り方 | MAMADAYS(ママデイズ)
つわりの乗り切り方

妊娠中のつわりの乗り切り方

つわりは、妊娠初期のいちばんの悩みです。吐きづわりや食べづわりなど、人によってさまざまですが、吐き気や嘔吐、胃のムカムカ、全身のだるさなどが主な症状です。たいていは時間がたてばおさまるので、あまり神経質にならないように。
つわりは、妊娠初期のいちばんの悩みです。吐きづわりや食べづわりなど、人によってさまざまですが、吐き気や嘔吐、胃のムカムカ、全身のだるさなどが主な症状です。たいていは時間がたてばおさまるので、あまり神経質にならないように。

つわりは妊娠初期に多くの人が経験すること

 つわりとは、妊娠することで起こる吐き気やだるさなどの症状のことで、妊娠3か月くらいの初期ママにとっていちばんつらい悩みです。妊娠4~6週くらいに始まり、9~10週がピーク、そして12~16週の安定期に入ると、症状はおさまるのが一般的です。ただし、20週くらいまで症状が続く人も中にはいます。

 また、朝食前や夕食前の空腹時に症状がつらくなるという人が多いようです。

 最も多いつわりの悩みは、吐き気です。吐くのがこわくて、何も食べられないと赤ちゃんへの栄養が心配になる人もいるでしょうが、この時期は水分をしっかりとっていれば大丈夫です。赤ちゃんのために、と自分をあまり追いつめず、少量ずつ食べて空腹時間を減らすと吐き気も抑えられます。

つわりの症状には個人差がある

 つわりの主な症状は、吐き気、嘔吐、眠気、頭痛、全身の倦怠感、そして食欲不振です。今まで好きだったものもいっさい受けつけなくなるなど、嗜好の変化もあるようです。

 また、つわりは人によってそれぞれです。右記のほかにも、めまいや耳鳴りなどさまざまな症状があります。

こんな症状が出たら病院へ

 たいていは、時間がたてばおさまりますが、注意すべき症状もあります。

 たとえば、1日に3~4回吐いてしまう、体重が1週間で2~3㎏減ってしまう、半日以上トイレにいきたくならない、水を飲んでも吐いてしまうなどです。これらの症状が少しでも見られたら、医師の診断を受けることをおすすめします。

つわりの主な症状

  • 食欲がない、逆に何か食べないと気持ち悪くなる
  • 吐き気や嘔吐
  • いつも眠い、だるい
  • 唾液が口にたまる
  • においに敏感になる
  • 頭痛がする
  • 好きな食べ物や嫌いな食べ物が変わる
  • 心理的に不安定になる
  • 便秘や下痢をする

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

関連する記事