しっとり柔らか! ささみのピカタ(生後9〜11か月頃から) | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

しっとり柔らか! ささみのピカタ(生後9〜11か月頃から)

ささみは調理するとパサパサしたり固くなりがちですよね。
今回はしっとりして柔らかいささみのピカタの調理方法をご紹介します!
冷凍保存OKです。
味付けを変えれば幼児食の子どもや大人も美味しく食べられますよ。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

しっとり柔らか! ささみのピカタ(生後9〜11か月頃から)

ささみは調理するとパサパサしたり固くなりがちですよね。
今回はしっとりして柔らかいささみのピカタの調理方法をご紹介します!
冷凍保存OKです。
味付けを変えれば幼児食の子どもや大人も美味しく食べられますよ。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

材料(約3〜4食分)

  • 鶏ささみ(筋無し) 1本
  • 塩 ひとつまみ
  • 小麦粉 大さじ1/2(片栗粉や米粉でも可)
  • 溶き卵 1/2個分
  • サラダ油 適量

作り方

  1. 鶏ささみはそぎ切りにし、包丁の背で叩く。(繊維がほぐれて柔らかくなる)
  2. 塩をひとつまみまぶす。
  3. 小麦粉を薄くまぶして溶き卵に絡める。
  4. フライパンに薄くサラダ油を引いて、弱火で熱し卵を絡めながらフライパンに入れる。
  5. ひっくり返してフタをし、約2分蒸し焼きにして中までしっかり火を通して完成。

対象

カミカミ期(生後9〜11か月頃)から召し上がっていただけます。

※子どもの月齢に合わせて大きさは調節してください。
※小麦粉ではなく片栗粉や米粉でも代用できます。

保存する場合

冷蔵保存:当日中に食べきる。食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱する。
冷凍保存:1週間以内を目安に食べきる。食べる前に電子レンジまたは小鍋などで再加熱する。

(期間の記載は目安となっております。環境によって保存期間に差が出る場合があります。 匂い、味、色、食感が少しでもおかしいと感じたら廃棄してください。)

注意事項

  • 作ったものは常温のまま長時間放置しないでください。雑菌が増える原因になります。
  • 清潔な保存容器を使用してください。
  • 解凍したものの再冷凍はしないでください。雑菌が増える原因になります。

アレルギーについての注意点

 レシピには、特定のアレルギー体質を持つ場合にアレルギー反応を引き起こすおそれのある食品を含む場合がございます。

また、初めて召し上がるお子さまには注意が必要ですので、様子を見ながら少量から食べさせてください。

[特定原材料] 卵、乳、小麦、えび、かに、そば、落花生

[特定原材料に準ずるもの] アーモンド、あわび、いか、いくら、オレンジ、キウイフルーツ、牛肉、くるみ、さけ、さば、大豆、鶏肉、バナナ、豚肉、まつたけ、もも、やまいも、りんご、ゼラチン、 ごま、カシューナッツ

 必ず「料理を楽しむにあたって」の「乳幼児への食事提供について」を事前にご確認の上ご利用をお願いいたします。

(▼料理を楽しむにあたって https://corp.every.tv/cooking_notes