しっかり作って安全に 基本のミルクの作り方 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)

しっかり作って安全に 基本のミルクの作り方

ゴックン期のメニュー、なにを食べさせればよいのか悩んでいませんか?
今すぐに真似できるレシピをご紹介します!
作る量を増やせば冷凍ストックも出来ますよ。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

しっかり作って安全に 基本のミルクの作り方

ゴックン期のメニュー、なにを食べさせればよいのか悩んでいませんか?
今すぐに真似できるレシピをご紹介します!
作る量を増やせば冷凍ストックも出来ますよ。
Progress: NaN%
Current Time 0:00
/
Duration Time 0:00

用意するもの

  • 消毒した哺乳瓶
  • 粉ミルク(お好みで)
  • 熱湯(一度煮沸した70℃以上のもの)

手順

  1. 手を石けんで洗い、清潔にしておく。
  2. 哺乳瓶にすり切りで計ったミルクを入れ、できあがり量の3分の2ほどまで熱湯を注ぐ。
  3. 乳首とフードをつけ、哺乳瓶を円を描くように軽く振ってミルクを溶かす。(※やけどにご注意ください。やけど防止のため布巾で哺乳瓶を持つ場合は、滑らないようご注意ください。)
  4. フードをつけたまま乳首を外し、できあがり量まで70度以上のお湯または衛生的な湯冷ましを加える。
  5. フード・乳首をつけて軽く振る。
  6. 混ざったらミルクを流水または氷水にさらし、適温まで冷ます。(※粉ミルクとお湯が分離しないよう、冷ましている間も哺乳瓶をこまめに振ってください。)
  7. 腕の内側に1〜2滴ミルクを垂らし、体温くらいまでに下がっているか温度の確認をする。

注意事項

  • 必ずミルク缶に付属している専用スプーンをご利用ください。
  • 作りおきや飲み残しは与えず、1回ごとに調乳して飲ませてください。
  • 各メーカーのミルク缶の説明書きの量に応じて調乳してください。

監修 堤ちはる先生

相模女子大学 栄養科学部健康栄養学科 教授

お気に入り

関連する記事