赤ちゃんに熱があるときのホームケア | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
熱のホームケア

赤ちゃんに熱があるときのホームケア

こまめに衣服の調節を

 熱は、からだの中に細菌ウイルスが入った時に、退治しようと闘って出るものです。また、体温の調節機能が未熟な赤ちゃんは、厚着や部屋の暖めすぎ、元気に遊び回ったあとの、水分不足の時などに微熱を出すことが。そんな時は薄着にしたり、風通しをよくしたり、水分を与えたりすれば下がります。

こまめに衣服の調節を

①保温

 からだがふるえて手足が冷たくなっている時や、顔色が青白く、寒がる時などは衣服を1枚多く着せる、毛布をかけるなどして保温します。電気あんかを入れるときは足の先から20㎝ほど離してください。熱が上がり切ったら、毛布などは外して涼しくしてあげます。

②冷やす

 首のつけ根、わきの下、あしのつけ根を同時に冷やすと熱を下げる効果がありますが、なかなかむずかしいものです。また、頭やおでこを冷やしても熱は下がらないので注意を。いやがるのに氷枕、冷却シートを使うのはやめます。

③食事

 子どもの食欲がない時は、子どもがふだんから好きなものを与えてみてください。できれば、消化がよく、口あたりのよいものを選ぶとよいでしょう。それでも食べたがらない時には、無理に食べさせる必要はありません。ですが、脱水症状を起こさないように、水分だけは気をつけて補給するようにします。湯ざましやお茶などをこまめに与えましょう。

④入浴

 熱がある時はおふろに入るのはやめておきます。汗でぬれた下着やパジャマはこまめにとり替え、元気があればからだはシャワーでサッと洗うか、熱めのタオルで汗をふきとってあげましょう。

入浴

熱が出たときに使われる薬

解熱剤は、主に熱が38.5℃以上あり、ぐったりとして全身状態が悪いときに使います。熱を下げることでからだをラクにしたり、体力の消耗を防いだりします。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

お気に入り

関連する記事