2歳ごろの子どもはどんなおもちゃが好き?選び方のポイントとおすすめ4選 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
2歳頃の子どもはどんなおもちゃが好き?選び方のポイントとおすすめ5選

2歳ごろの子どもはどんなおもちゃが好き?選び方のポイントとおすすめ4選

自分の意思がはっきりしだし、イヤイヤ期も始まる2歳ごろ。
成長の著しいこの時期にぴったりのおもちゃはどんなものがあるでしょうか。
選び方のポイントや、おすすめの商品をご紹介します。
自分の意思がはっきりしだし、イヤイヤ期も始まる2歳ごろ。
成長の著しいこの時期にぴったりのおもちゃはどんなものがあるでしょうか。
選び方のポイントや、おすすめの商品をご紹介します。

2歳はどんな時期?

まずは2歳の子どもの身体の発育状況や、行動についてチェックしておきましょう。

2歳児の身体の発育状況

2歳ごろは、身体の機能もめざましい発達をみせる時期です。

走ったり跳んだりなどの基本的な運動機能が備わり、自分の身体を思うように動かせるようになります。
ほかにもボールを蹴ったり投げたり、もぐったり、ダンボールなどの中に入るなど、さまざまな姿勢をとりながら身体を使った遊びを楽しみます。

また、紙をちぎったり破いたりするほかにも、シールなどを貼る、なぐり描きをするなど遊びの種類も広がり、集中力もついてくるころです。

2歳児がやりたがる行動

指先の機能が発達することでできることが増え、身の回りのことを自分でしたがるようになります。
さらに語彙が増え、自分の意思や欲求を言葉で表そうとすることも多くなります。
言葉を使うことの喜びやおもしろさを味わい、周囲とのやりとりが増えていく時期です。
また、自分の好きな分野がはっきりし始め、興味のあることばかりやりたがる時期でもあります。

参考:厚生労働省雇用均等・児童家庭局保育課、「保育所保育指針解説書」、2008年(2019年11月8日閲覧)

どんなおもちゃを与えるのがよい?

2歳ごろになると、徐々にお気に入りやこだわりが出てくるため、まずは子どもの興味や関心のあるおもちゃがよいでしょう。
その後、好きな分野から少しずつ興味を広げていき、さまざまなテーマに触れられるおもちゃを与えてあげたいですね。
また、大人のまねが好きな時期でもあるため、ごっこ遊びができるおもちゃもおすすめです。

2歳向けのおもちゃの選び方

2歳 おもちゃ

2歳ごろの子どものおもちゃは、次のような点を意識して選びましょう。

年齢に合わせて遊べる

年齢や発達に合わせて楽しく遊べるおもちゃを選ぶことが大切です。
できることが増え、自分でしたいという欲求も強くなる時期ですが、遊ぶのが難しすぎると楽しめず、結局遊ばなくなってしまいます。
逆に簡単すぎて、すぐに飽きてしまう場合も。

幅広い遊び方ができる

簡単な遊びから、少し難しい遊びまで、ひとつのおもちゃでも難易度に幅があるものを選ぶのもおすすめです。
成長に応じて遊び方を変えられるおもちゃなら、2歳の時期だけでなく長く愛用できます。
想像力を広げられて、イメージを自由に表現できるおもちゃを選んであげたいですね。

2歳向けのおもちゃ4選

ファーストミュージックセット(エデュテ)

ベビーサイズのミニ楽器セット。
カスタネット・ギロ・マラカス・木琴・太鼓の5種類の楽器がひとつの本体に収まった、初めての音遊びにぴったりのおもちゃです。
楽器の持ち手部分にはそれぞれ色が異なる滑り止めリングがついており、本体に空いた穴の縁にプリントされた色に合わせればお片づけの練習にもなります。

えほんトイっしょ チーズくんのおいしいスープ(エド・インター)

絵本と木のおもちゃのセット。ストーリーに沿っておもちゃで遊ぶのはもちろん、絵本とおもちゃそれぞれでも遊べます。
子どもが楽しみながら料理に興味を持つお話で、ママやパパがキッチンに立つ様子が気になる2歳児にぴったりです。
おもちゃを使って包丁の使い方や調理器具、料理の手順などを学べて食育の第一歩としてもよいですね。

RING 10(リングテン)つみきの王国(ウッディプッディ)

カラフルなリングを使い、さまざまな遊びができるおもちゃです。
スタンドの棒にリングをいくつもさしたり、リングだけを重ねたりと指先の機能が発達し始める2歳児にぴったり。
リングは50個もあるので、足りなくて困ったなんてこともなさそうですよね。
また、付属の「遊び方シート」では30種類もの遊び方が紹介されていて、さらに発想が広がります。
シンプルなしくみで、成長とともに長く遊べるおもちゃです。

くるくるスロープ2(ニチガン)

坂道を車やボールがコロコロと転がる様子が楽しい、木製のスロープトイです。
単純な動きが子どもの目を引き、見ているだけでも楽しめます。
木のボールが2個、連結車が1台、単独車が2台セットされていて、それぞれ転がる動きが異なります。
カランカランと聞こえる木の音が優しく、繰り返し遊びたくなるおもちゃです。

_______

できることが増え、こだわりが出てくる2歳の時期は、子どもの興味があるおもちゃを中心に選びつつ少しずつほかの分野にも目を向けさせてあげたいですね。
また、年齢や発達に合わせて選ぶことも大切です。
さまざまな遊び方ができて、長く使えるおもちゃなら、子どもにとってよき相棒となるでしょう。

発達が著しい2歳のこの時期だからこそ、こだわっておもちゃを選んであげたいですね。