マタニティーショーツはいつから必要?おすすめ商品も紹介 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠中の女性

マタニティーショーツはいつから必要?おすすめ商品も紹介

妊娠期、マタニティショーツをいつから使用し始めるべきか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
今回は、マタニティーショーツとはどのようなものか、普通のショーツとの違いなどをご説明します。
素材やサイズなどの選び方に加え、種類別のおすすめ商品も紹介します。
妊娠期、マタニティショーツをいつから使用し始めるべきか悩んでいる人もいるのではないでしょうか。
今回は、マタニティーショーツとはどのようなものか、普通のショーツとの違いなどをご説明します。
素材やサイズなどの選び方に加え、種類別のおすすめ商品も紹介します。

マタニティーショーツはいつから必要?

お腹に赤ちゃんがいる女性

マタニティーショーツとは?

マタニティーショーツとは、妊娠中のママと赤ちゃんのために開発されたショーツのことです。
妊娠中、敏感になりやすいママの肌への刺激を抑えた素材で作られており、妊娠後期の大きなお腹もすっぽりと包み込むものもあります。
お腹の部分にたっぷりと布が使用されており、お腹を冷やさないなどの役割もあります。

また、着用時に締めつけられている不快感を感じにくいのもポイントです。
マタニティーショーツは、明確に使用開始時期が決まっているわけではありませんが、一般的にはお腹が目立ち始める妊娠中期頃から着用し始めることが多いようです。

しかし、第二子や第三子の妊娠中は、第一子よりも早くお腹が目立ち始めるため、第二子以降の妊娠では早めにマタニティーショーツを着用し始めるママもたくさんいます。

通常のショーツとはどう違うの?

通常のショーツとマタニティーショーツは、使用している素材はもちろん、ゴムと布の伸縮性が大きく異なります。

妊娠前は気にならなかったウエストのゴムによる締めつけが妊娠後に肌が敏感になって気になったり、ゴムの締めつけによる赤ちゃんへの影響が心配になったりするとき、マタニティーショーツの着用が役に立つことがあります。

いつからいつまで使うの?

マタニティーショーツは、妊娠期間中にのみ使用するタイプのものと、産前から産後まで長期間使用できるタイプのものが販売されています。

妊娠期間中に着用するマタニティーショーツはお腹の部分に特に布が多く使用されているので、出産直前まで冷えなどの心配をせず使用できます。

また、産後の子宮の状態が不安定な時期にぴったりとした下着の着用に抵抗を感じるときにもマタニティーショーツは使用できます。
普段使いしている下着のような締めつけを気にせず、ストレスを感じずに着用しやすいでしょう。

マタニティーショーツの選び方

お腹を気にする女性

マタニティーショーツを購入する際、どのようなポイントに注目すべきなのでしょうか?

素材・サイズ・色・タイプに分けて、細かく解説します。

素材

妊娠中は肌が敏感になりやすく、予想外の肌トラブルが起こる可能性があります。
マタニティーショーツを選ぶ際は、肌への負担が少ない綿100%のものがおすすめです。

また、伸縮性があり締めつけを感じにくい素材で作られているかもチェックしておきましょう。

サイズ

マタニティーショーツを選ぶ際、サイズは測りなおす場合と妊娠前のインナーのサイズを参考にする場合があります。
購入前にパッケージなどを確認しておくと安心です。

また、妊娠期間中にも体重増加などによりマタニティーショーツのサイズがアップすることがあります。
体調や状況に合わせたサイズ選びを心がけましょう。

マタニティーショーツの色を選ぶ際は、クロッチ部分(股が触れている部分)に、色の薄い生地を使用しているものを選びましょう。白色の生地がおすすめです。

妊娠中はおりものの変化や微量の出血がすぐにわかる色のものを着用することで、体の些細な変化にいち早く気づけます。
小さな変化を見落とさないためにも、特にクロッチ部分の布の色はチェックしましょう。

タイプ

マタニティーショーツには、おもに深ばきと浅ばきの2つのタイプがあります。

深ばきタイプはお腹をすっぽりと覆うタイプのショーツですが、そのなかでも2種類に分かれます。大きな違いはパンツの丈です。
一つは、使用期間は限られていますが通常のショーツと同じ形のもので、もう一つはより広い範囲でお腹を包み込む形のものになります。

浅ばきタイプ(ローライズタイプ)はお腹を覆う布がついておらず、大きなショーツに抵抗を感じる方や産前産後長くショーツを使用したい方におすすめです。

基本的に深ばきタイプは産前からお腹の大きさが戻るまで、浅ばきタイプは産後まで着用できます。

タイプ別おすすめマタニティーショーツ6選

伸縮性のあるタイプ

  • マタニティショーツ(犬印本舗)

お腹の中の赤ちゃんが大きくなってくると負担のかかる胃の部分を締めつけない伸縮性と、柔らかな肌触りが特徴のマタニティーショーツです。

お腹を無理なくすっぽりと包み込み、妊娠後期まで着用できます。

  • エンジェリーベオリジナル マタニティショーツ(エンジェリーベ)

伸縮性だけでなく、かわいらしいデザインにも注目したいマタニティーショーツです。

しっかりとした素材の生地なので、洗濯を繰り返しても生地がくたびれにくく長期間使用が期待できます。

お腹をサポートするタイプ

  • 産前パンツ(ワコール)

大きくなっていくお腹を優しく支える、ベルトつきのマタニティーショーツです。
お腹だけでなく腰部分も、生地を補強した裏打ち加工でサポートしてくれます。

華やかなデザインも魅力の1枚です。

  • ラクラク妊婦帯パンツ(西松屋チェーン)

大きくなるお腹を、下からサポートしてくれる1枚履き可能なマタニティーショーツです。

羽根つきおりものシートがつけられる構造になっています。

浅ばき(ローライズ)タイプ

  • mammy luna マタニティーショーツ ボクサータイプ(アビックス)

ローライズタイプではありますが、お腹が出すぎず冷え対策も視野に入れた構造のマタニティーショーツです。

お腹の部分に布がかかっていないので、検診のエコーのときにも便利です。

足ぐり(足の付け根)はボクサータイプになっています。

  • 綿混ストレッチ マタニティローライズショーツ 2枚組(ニッセン)

シンプルなデザインで、ウエスト部分はお腹に直接ゴムが肌に触れないように作られています。

ゴムがくい込みにくく、肌触りもよいのが特長です。

脚口にはゴムが入っていないので、体型が変わりやすい妊娠中から産後まで長期間快適に使用できそうです。

_______

マタニティーショーツは、ママと赤ちゃんにとって負担の少ないインナーです。
長期間使用することもあるので、使用期間も視野に入れて素材やサイズなどを検討して購入しましょう。

また、妊娠中はママが想像していなかったトラブルも起こりやすくなります。
トラブルが起こったことが一目でわかる色のインナーを選ぶことも重要です。

マタニティーショーツの種類もいくつかあるので、自分の体に合うものを選んで快適なマタニティーライフを送りましょう。

関連する記事

お気に入り

関連する記事