【小児科医監修】生後6〜7か月の赤ちゃんのよくある気がかり① | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
人見知りする赤ちゃん

【小児科医監修】生後6〜7か月の赤ちゃんのよくある気がかり①

赤ちゃんの成長に寄り添う毎日では、体や心、お世話のことなど、さまざまな疑問や不安が浮かんできますよね。6〜7か月の赤ちゃんにまつわるQ&Aをお届けします。それぞれの赤ちゃんによって個人差があるので、気になるときには必ずかかりつけの医師に相談してみてくださいね。
赤ちゃんの成長に寄り添う毎日では、体や心、お世話のことなど、さまざまな疑問や不安が浮かんできますよね。6〜7か月の赤ちゃんにまつわるQ&Aをお届けします。それぞれの赤ちゃんによって個人差があるので、気になるときには必ずかかりつけの医師に相談してみてくださいね。

髪の毛をむしるのはストレス?

  • 無理にやめさせなくても大丈夫です

    指しゃぶりなどと同じで、遊びのようなものだと考えられます。そのうち自然にやめるので、見守っていましょう。ただし、指に絡んだ髪を食べないように気をつけてあげて。

じいじやばあばにも人見知りします

  • 祖父母に理解してもらいましょう

    これまでに何度も会っている祖父母でも、しばらく会わないと赤ちゃんの記憶からは消えてしまいます。赤ちゃんに泣かれた祖父母はショックを受けるかもしれませんが、成長過程だと理解してもらいましょう。

夜泣きの対処法が知りたい!

  • いろいろ試してみましょう

    まずは、朝は早く起こし、昼間はたっぷり遊んで、午後のお昼寝は短めにすること。ただし、これだけでは治まらないことも多いでしょう。夜、泣き出したらすぐに抱っこしてあげて、おっぱいを飲ませたり、背中をトントンして落ち着かせてあげましょう。他には、
    ・ 一度きちんと起こしてから入眠儀式をする
    ・ 歌を歌ってあげる
    ・ ガラガラやメリーの音を聴かせる
    ・ おんぶをする
    ・ ドライブに連れて行く
    などの方法がありますが、試行錯誤してわが子に合った方法を見つけましょう。赤ちゃんは親の気持ちを敏感に感じ取るので、ママやパパがイライラせず、ゆったり構えることも大切です。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次