【産婦人科医ママに聞く】Q. どんな場合に帝王切開になるの? | MAMADAYS(ママデイズ)
入院する妊婦

【産婦人科医ママに聞く】Q. どんな場合に帝王切開になるの?

A. 経膣分娩では母子の安全確保が難しいと医師が判断した場合に行われます

 施設や医師の方針、妊産婦さんの希望によっても異なりますが、一般的に胎盤が子宮口をふさぐ『前置胎盤』、赤ちゃんが頭を下にしていない『逆子』や『横位』、産道をふさぐような大きな子宮筋腫があったり、前の出産が帝王切開術だったり、多胎妊娠だったりした場合で、経膣分娩では危険だと医師が判断した場合、前もって日にちを決めて(通常は37週以降で陣痛がくる前)、帝王切開術をすることがあります。これを『予定帝王切開』、または『選択的帝王切開』といいます。

 そのほか、いったん経膣分娩にトライしていても、赤ちゃんの回旋異常や産婦さんの子宮口が開かないなどのさまざまな理由で分娩が遷延・停止した場合、胎盤が急に剥がれて危険な状態になる『常位胎盤早期剥離』が起こった場合、なんらかの理由で産婦さんや赤ちゃんの命が危険な場合などは、緊急で帝王切開術を行うことになります。これが『緊急帝王切開』と呼ばれるものです。

 一分一秒を争うような緊急性の高いケースでは、全身麻酔で手術をするので意識がなくなります。でも、多くは下半身だけの部分麻酔で行われるので、赤ちゃんの産声を聞けるのはもちろん、子宮が引っ張られたりする感覚がわかることもあります。手術の所要時間は、個人差がありますが、およそ1時間以内。お腹と子宮を切って、赤ちゃんを取り出し、さらに胎盤を出して、縫合すれば終了です。

「帝王切開はラクなお産」という偏見が未だにあるようですが、産後は明らかに帝王切開術のほうが大変で、最低1週間ほどは入院しなくてはなりません。また出血量も多く、血栓症や感染症にかかるリスクも経膣分娩に比べると高くなります。赤ちゃんのほうも、経膣分娩なら産道を通るあいだに肺の水分が抜けて、呼吸をするための準備をゆっくりと行えるためラクなのです。ですから、「大切な赤ちゃんなので、最初から帝王切開にしてください」とか「もう陣痛がつらいから、切って出してください」と産婦さんのほうから言われても、医師は「では、そうしましょうか」と簡単に引き受けることはできません。それはリスクをわかっているプロのすることではないからです。

 ちなみに帝王切開術をすると、次の出産でも帝王切開術にする病院が多いもの。これは子宮筋を切って縫っているため、次の妊娠で強い陣痛がきたときに子宮が破裂する恐れがあり、母体と赤ちゃんの両方に死のリスクが生じるからです。子宮が破裂する確率は、子宮の筋層を縦に切っていると8%、横に切っていると1%ほど。縦に切った場合は、次のお産も100%帝王切開術となります。そのため、通常は横に切るようにしているのです(外側のお腹は、縦に切ることもあります)。

 横に切った人の場合は、次のお産のときに緊急時に対応できる態勢の病院を選べば、『VBAC(Vaginal Birth After Cesarean Section)』という経膣分娩にトライすることもできます。ただし、これは帝王切開術を1回しかしていない妊婦さんだけ。2回以上の帝王切開術をした妊婦さんは子宮破裂の危険性が高いため、VBACは禁止されています。万が一、「うちではやりますよ」という病院があっても、危険なのでやめてください。

 VBACで出産する場合は、赤ちゃんの心拍モニターを十分に観察し、異常があったらすぐに帝王切開術をして助けられるよう、365日24時間、産婦人科医2名と麻酔科医、新生児科医が必要となります。現在の日本の医療状況では、残念ながら、このような条件を満たす病院は多くはないのが実情です。

 また一度、帝王切開術の適応になった人は、また経膣分娩ができない状態になる確率が高いものです。前のお産で帝王切開術になった理由が、逆子や横位、赤ちゃんの具合が悪くなったなどの偶然の要因であれば8割くらいが成功しますが、途中で分娩が停止したなどの場合は成功率が低くなります。もともと十分な陣痛がきにくい体質であったり、骨盤や産道の条件が悪かったりする場合が多いからです。逆に経膣分娩の経験がある場合は、成功率が高くなります。

 なお、「帝王切開は3回まで」というのは都市伝説で、4回でも5回でも出産できます。ただし、同じところを切って縫うので、子宮の筋肉は薄くなるし、お腹の中の癒着は激しくなるし、いろいろと条件の悪い出産になることは否めません。

 厚生労働省の2011年の統計によると、日本では約19.2%の妊婦さんが、最終的に帝王切開術で赤ちゃんを産んでいます。20年前と比べると約2倍に増えており、帝王切開術は今や珍しい出産方法ではありません。

 自然分娩にこだわるあまり、経膣分娩を推奨する助産院や病院ばかりを探す妊婦さんもいます。でも、出産において最も大切なことは、赤ちゃんとお母さんの安全を確保することではないでしょうか。帝王切開術も、立派なお産です。それをバカにしたり、一方的に「かわいそう」 などと評価したりする人のことは心の中で軽蔑してしまうとして、無事に赤ちゃんを産み出すことを第一に考えましょう。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

連載の目次

  • 出典

    新装版 産婦人科医ママの妊娠・出産パーフェクトBOOK
    宋美玄著、内外出版 ※情報は掲載時のものです
    https://www.naigai-p.co.jp

関連する記事

お気に入り

関連する記事