長肌着はいつまで必要?おすすめアイテムも紹介! | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
長肌着はいつまで必要?おすすめアイテムも紹介!

長肌着はいつまで必要?おすすめアイテムも紹介!

赤ちゃんが生まれてすぐに必要になる肌着。短肌着、コンビ肌着、長肌着と大きく分けると3種類ありますが、それぞれ使い方や使う時期が違います。
その中でも今回は、新生児期から着ることが多い長肌着について、おすすめ商品もあわせて説明します。
赤ちゃんが生まれてすぐに必要になる肌着。短肌着、コンビ肌着、長肌着と大きく分けると3種類ありますが、それぞれ使い方や使う時期が違います。
その中でも今回は、新生児期から着ることが多い長肌着について、おすすめ商品もあわせて説明します。

長肌着ってどんな肌着?

長肌着は、まだ動きが少ない新生児のうちに着せることが多い肌着です。特徴や使い方、ほかの肌着との合わせ方や違いなどを詳しく説明していきます。

どんな特徴があるの?

長肌着の特徴はワンピースのような形で、足先まですっぽりと覆う長さがあります。

前開きタイプや和服のような打ち合わせ(衣服の開き明きが重なる部分)のあるタイプのものが多く売られています。

また、足先まで覆ってくれるので、体が冷えにくいという特徴があります。

足元から肌着をめくりあげれば服を脱がさずにおむつ交換ができるので、とても便利です。

使い方、合わせ方は?

長肌着は、短肌着の上に着せるのがおもな使い方です。特に寒くなる秋から冬の時期には、体の冷えを防ぐために便利です。

春夏生まれの赤ちゃんの場合、気温によっては長肌着1枚だけで過ごすことができます。夜がまだ涼しい時期なら夜は短肌着と長肌着を合わせて、昼間は長肌着だけ、と使い分けるとよいでしょう。

短肌着、コンビ肌着との違いは?

短肌着は赤ちゃんのお腹から腰くらいまでの長さのものが一般的です。

コンビ肌着は、裾は両足を分けて入れられるようにスナップボタンなどがついています。

赤ちゃんが手足を動かすようになると、長肌着では裾がはだけてしまうことがあるため、コンビ肌着がおすすめです。

いつからいつまで使えるの?

長肌着を着た赤ちゃん

それでは長肌着はいつからいつまで使えるのでしょうか?

一般的には生後0か月から6か月前後だとされていますが、赤ちゃんが生まれた時期によって使い方が異なります。

春夏生まれの赤ちゃんの場合は?

長肌着は足先まですっぽりと覆うことができるため、保温に優れた肌着です。春先から初夏までは使用できるでしょう。

真夏に生まれた赤ちゃんの場合、短肌着と合わせて着ると暑く感じるかもしれません。赤ちゃんの様子を見て、長肌着1枚で過ごすのもおすすめです。

秋冬生まれの赤ちゃんの場合は?

秋冬生まれの赤ちゃんの場合は、だんだん気温が下がってくる時期ですので長肌着はよく使われます。短肌着と重ね着するのがおすすめです。

ただし、足をバタバタ動かすようになってくるとはだけてしまうことがあるので、赤ちゃんの成長を見てコンビ肌着に切り替えることをおすすめします。

長肌着の選び方

長肌着

素材による選び方

長肌着の素材は、肌着ということを考えると、赤ちゃんの肌のことを考えたコットン100%を選ぶとよいでしょう。

コットンにはガーゼ、フライスなどいろいろな生地があり、商品によって表現が違うので、よく確認してくださいね。

サイズによる選び方

長肌着は、はだけやすい構造のため、赤ちゃんが足をバタバタさせ始めたらコンビ肌着に変えることをおすすめします。そのため、サイズ選びの際はジャストサイズで選んでも問題ない場合が多いです。

ただし、秋や冬にはコンビ肌着の上に長肌着を着せてもOKなので、赤ちゃんが快適に過ごせるよう調整してくださいね。

着替えやすさによる選び方

長肌着はいろいろなものが販売されていますが、構造はそれほど変わりません。打ち合わせ部分が紐になっているのか、プラスチックのスナップボタンになっているかなどが違いです。

紐が絡まってほどけにくくないか、ボタンが肌にあたらないかなど、それぞれの赤ちゃんの様子や体格などの特徴を考慮しつつ、着替えがしやすいものを購入しましょう。

おすすめ長肌着5選

長肌着は素材や打ち合わせのタイプによっていろいろなものが販売されています。赤ちゃんによって合うものはそれぞれ違いますので特徴を比べながら説明します。

2枚組長肌着 (西松屋)

肌のことを考えたコットン100%で、縫い目が外側にあり肌に触れないような作りになっています。

打ち合わせは胸元と腰の紐で結びます。柄もシンプルで、ほかの服や肌着とも合わせやすいですね。

オーガニックコットン100% ベビー 長肌着(スウィートマミー)

マタニティウェアのブランド、スウィートマミーが販売するオーガニックコットン100%の長肌着です。フライス生地で作られています。フライス生地は「1目ゴム編み」という編み方をした、横方向の伸縮に強いコットン生地のことです。

非常にシンプルなデザインですが外紐に加え内紐も設けられており、赤ちゃんが動いても脱げにくくなっています。

タグは直接肌にあたらないように配慮された作りが採用されており、縫い目がでこぼこしない特殊な縫い目になっています。

ピュアベール 天使のはぐ フライス長肌着(ミキハウス)

ミキハウスの肌着、天使のはぐシリーズのフライス長肌着です。

縫い目やタグを全て表面に出し、はだけにくいように打ち合わせも深くしてあります。キッズデザイン賞を受賞したこともある商品です。

ベビーザらス限定 フライス長肌着(ベビーザらス)

ベビーザらス限定で販売されている2枚組のフライス長肌着。縫い目を外側に出した外縫い仕様です。

ボタンを使用せずに胸元と腰部分の紐で結ぶようになっており、万が一一方が外れても脱げにくくなっています。

Hash kuDe オーガニックコットン ダブルガーゼ ベビー長肌着(ディバイス)

ベビー寝具の専門店、Hash kuDeの長肌着です。オーガニックコットンのガーゼ生地でできています。

内側2箇所、外側2箇所と紐が多く、脱げにくさに重点を置いた作りになっています。また紐が多いので、完全に脱がさなくてもおむつ交換ができます。おむつ交換中に赤ちゃんに寒い思いをさせることもありません。

_______

赤ちゃんが普段どんな動きをすることが多いのか、足はどのくらい動かすのかなどを考慮しながら、赤ちゃんが快適に過ごせる肌着を選んでくださいね。

出産準備。ベビー肌着を用意したいけど何を買ったらいいの?
そんなプレママに基本のベビー肌着をご紹介します。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当