妊娠中のママのトラブル早見表 | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
妊娠中のママのトラブル早見表

妊娠中のママのトラブル早見表

出血(膣から)

なぜ起きるの? 対処法は?

 子宮からの出血は、妊娠中、最も注意すべき症状。痛みを伴う場合と伴わない場合がありますが、いずれも症状が続いたり量が多いときは診察を受けましょう。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • 切迫流産
  • 流産
  • 異所性妊娠
  • 胞状奇胎

妊娠中期(22週以降)以降に起きやすいトラブル

  • 切迫早産
  • 早産
  • 前置胎盤
  • 常位胎盤早期剥離
流産が迫っている状態。医師の指示に従って安静に。
すべての妊娠の10~15%に起こります。
早めに妊娠診断をすることで、大事になる前に対処できます。
完全除去で次の妊娠も可能に。
おなかの張り、出血など症状があればすぐ受診を。
胎盤が子宮底でなく子宮口付近に認められます。出血に注意。
母子ともに危険度が高いので、早く受診することが大切。

出血(膣以外)

なぜ起きるの? 対処法は?

 妊娠中はホルモンの影響で粘膜が充血しやすく、炎症も起きやすく、歯や歯ぐきから血が出たり鼻血が出やすくなることがありますが、炎症を治療すれば心配ありません。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • 鼻血、歯ぐきからの出血

妊娠中期(22週以降)以降に起きやすいトラブル

  • 鼻血、歯ぐきからの出血
妊娠中はおなかが大きくなることによる圧迫やホルモン分泌の乱れで、ちょっとしたトラブルが多くなります。

下腹部痛

なぜ起きるの? 対処法は?

 子宮の収縮により周期的に下腹部が張ったり痛んだりすることがあります。下腹部痛も出血と並んで、妊娠中では見逃せない重大な症状。下腹部が張る時には、無理をしないでよこになって様子を見ます。急性虫垂炎や腸閉塞(イレウス)などの急性腹症も、妊娠中はママが検査や薬をためらいやすく、またおなかが大きくて判断がつきにくいため、重症になりやすい場合があります。下腹部が痛む時には、早めに診察を受けましょう。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • 切迫流産
  • 流産
  • 異所性妊娠(子宮外妊娠)

妊娠中期(22週以降)以降に起きやすいトラブル

  • 切迫早産
  • 常位胎盤早期剥離
  • 羊水過多症
流産が迫っている状態。医師の指示に従って安静に。
すべての妊娠の10~15%に起こります。
早めに妊娠診断をすることで、大事になる前に対処できます。
おなかの張り、出血など症状があればすぐ受診を。
母子ともに危険度が高いので、早く受診することが大切。
羊水量の異常がある時は、詳しい検査が必要。

おりものがふえた おりものの色がおかしい

なぜ起きるの? 対処法は?

 妊娠中はホルモンの分泌がふえ、おりものがふえます。とくに妊娠初期と出産直前は、おりものが多くなります。白っぽいおりものでかゆみがない時は問題ありません。下着は通気のよい綿100%のものをつけたり、おりものシートを使用するなどでケアを。黄色や茶色など色のついたおりもの、カッテージチーズのような白いおりもの、においのあるおりものは感染の疑いがあるので受診しましょう。水っぽいおりものが続くときには破水との区別をするためにもすぐ病院へ。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • カンジダ外陰腟炎
  • 切迫流産

妊娠中期(22週以降)以降に起きやすいトラブル

  • カンジダ外陰腟炎
  • 切迫早産
  • 早産
  • 前期破水
妊娠・出産に影響はありませんが、おりものがふえます。赤ちゃんへの影響はありません。
流産が迫っている状態。医師の指示に従って安静に。
おなかの張り、出血など症状があればすぐ受診を。
尿やおりものとの区別がつかない時はすぐに受診を。

発熱

なぜ起きるの? 対処法は?

 妊娠中は血液量がふえ、新陳代謝が活発になるので、熱っぽく感じられることがありますが心配ありません。熱以外にせきや鼻水といった症状が見られる場合はかぜなどの疑いがあります。妊娠中にかぜをひいても胎児には影響しませんが、インフルエンザは重症となり胎児にも影響します。薬の影響を心配しすぎることなどで処置が遅れてかぜを悪化させることがないよう、早めに受診しましょう。日ごろより規則正しい生活をしてかぜをこじらせないことが大切です。また、妊娠中でもインフルエンザの予防接種は必ず受けましょう。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • かぜ
  • インフルエンザ

妊娠後期(22週以降)に起きやすいトラブル

  • かぜ
  • インフルエンザ
インフルエンザウイルスによる急性感染症。日本では毎年流行するので、予防が必要。

発疹・肌のかゆみ(外陰部)

なぜ起きるの? 対処法は?

 妊娠中はおりものがふえるため、外陰部がかゆくなることがあります。産道の感染症は、出産時に赤ちゃんに感染するリスクがあります。症状が続く時は早めに産婦人科で相談しましょう。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • カンジダ外陰腟炎

妊娠後期(22週以降)に起きやすいトラブル

  • カンジダ外陰腟炎
妊娠・出産に影響はありませんが、おりものがふえます。赤ちゃんへの影響はありません。

発疹・肌のかゆみ(外陰部以外)

なぜ起きるの? 対処法は?

 妊娠中はホルモンの影響により皮膚も過敏になって、おなかや太ももなどやわらかい皮膚に湿疹が出やすくなります。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • 妊娠性痒疹
  • 妊娠性皮膚掻痒症

妊娠後期(22週以降)に起きやすいトラブル

  • 妊娠性痒疹
  • 妊娠性皮膚掻痒症
妊娠中はおなかが大きくなることによる圧迫やホルモン分泌の乱れで、ちょっとしたトラブルが多くなります。

便秘

なぜ起きるの? 対処法は?

 妊娠中、便秘になりやすいのは、妊娠を継続させるために黄体ホルモンの分泌がふえ、腸の活動を抑えるため。また、大きくなった子宮が腸の運動を妨げるためです。便秘が慢性化すると痔になることもあります。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • 便秘

妊娠後期(22週以降)に起きやすいトラブル

  • 便秘
妊娠中はおなかが大きくなることによる圧迫やホルモン分泌の乱れで、ちょっとしたトラブルが多くなります。

つわり

なぜ起きるの? 対処法は?

 妊娠中の女性の50〜80%が経験するといわれる、ごく一般的な症状です。吐き気や嘔吐のほかに、眠い、食べていないと気持ちが悪い、においに敏感になるなど、症状はさまざまです。早い人で妊娠4〜6週ころに始まり、12〜16週ころまでにおさまる人がほとんど。まれに妊娠後期まで続く人もいます。

妊娠前期(21週以前)に起きやすいトラブル

  • 吐き気
  • 眠い
  • 食欲がない
  • においに敏感になる

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

お気に入り

関連する記事