【赤ちゃんの熱が主症状の病気】はしか | MAMADAYS(ママデイズ)
MAMADAYS(ママデイズ)
はしか

【赤ちゃんの熱が主症状の病気】はしか

かぜのような症状で始まり、 3~4日後に赤い発疹が全身に広がります。予防接種で免疫を。
かぜのような症状で始まり、 3~4日後に赤い発疹が全身に広がります。予防接種で免疫を。

どんな病気?

 はしかは伝染力が強く、かかった子といっしょに遊ぶと必ずというほどうつります。高熱、くしゃみ、せきの症状が出ます。

 3〜4日めになると、ほおの内側に小さな白い口内炎のような発疹が数個〜十数個できます。

 やがて、直径1〜2cmの赤い発疹が耳の後ろ、顔、胸、おなか、背中、手足の先と順に出て、3〜4日かけて全身に広がります。熱は発疹が出ている時も続き、40℃くらいまで上がることも。完全に体力が回復するには、熱が下がってから2週間ほどかかります。

治療とケア

発病したら、お医者さんから出された薬をきちんと飲ませ、家の中で安静にして、赤ちゃんが気持ちよく過ごせるようにケアします。呼吸が苦しそうになったら病院へ連れていきます。入浴は熱が下がって3〜4日後に。

予防

はしかは、何といっても予防が第一です。予防接種を受けて免疫をつけておきましょう。

 はしかの予防接種では、風疹と混合のワクチンを接種します。初回は1歳になったらできるだけ早く、追加は小学校入学前の1年間に受けます。1歳前に任意で接種を受けたい方は、かかりつけの先生に相談しましょう。

 過去にはしかにかかったことが確実である場合は、免疫ができるので、予防接種を受ける必要はありません。

写真提供:ゲッティイメージズ

※当ページクレジット情報のない写真該当

  • 出典

    最新版 はじめての妊娠・出産安心百科
    杉本充弘・木戸道子監修、主婦と生活社 ※情報は掲載時のものです
    http://www.shufu.co.jp

関連する記事

お気に入り

関連する記事